恐るべしファイテン

今年も大阪国際女子マラソンを走りました。
その結果などは別のブログで書きます。

その前に…
このファイテンのブレスレット。
販売されていないレア物なのですが(感謝祭にていただいた物)、見た目は…ですよね。むしろメタックスの物の方が効果あると思いがちですが…。
すごいんです。


私は対人ストレスを感じると、体の左側が固まります。
首、肩、背骨、腰など全て左側が固まります。

大阪国際女子マラソン5日前の火曜日に、非常に大きなストレスを抱え、それから動きが悪くなりました。
大会までセルフケアでほぐすことに集中しましたが、コリは存在したのでこのファイテンのブレスレットを左側手首にしてスタートしました。

私はGPSウォッチも左手にします。

すると…狂うのですよ。GPSが。
4分10秒/kmペースで走っていたのに、途中から3分30秒前後を示すように‼︎
『まさか!そんなわけない!』と思い、このまま狂った表示では困るので、途中でブレスレットを外してポケットに入れました。

実は2019年の東京マラソンでも同じことが起こり、45km余りを走って3時間9分という結果を表示。
途中一部分は3分30秒前後を刻んでいるラップだったのです。

今回も44km余りで2時間57分の結果。
平均ラップが4分1秒とデータになっています。

このペースで走れれば2時間50分台ですよ。
そうなりたいものです。

ということが伝えたいのではなく(笑)、このファイテンのブレスレットはすごい力があるんです。

残念ながら非売品です。

もう一つあれば両手にできてバランス取れるのですが、二度と手に入らない〜(涙)。



走るソムリエ 堤 佳子