12月15日大安の日 夢

『堤さんのごはん食べられる、例えばランチ限定30個とかのお店あったらいいね!』昨日初めて私のごはんを食べた方から朝一番のメッセージでした。

毎月1回食べている方からも、テイクアウトを頼まれて月数回お弁当作ってます。
外食や出来合いお弁当食べるより、元気が出るごはんを食べたいのだそうです。

過去にはご自身が体調崩されたため、ご家族の夕ごはんを依頼された方もいました。しばらくの間お届けしました。

私の夢は
自分で糀を作ること。
自分の糀から塩糀を作ること。
それを使ったごはんを自分だけでなく、たくさんの方に食べてもらうこと。

その場所で講座も開くこと。
ランニングと絡めて、明日の元気を作る講座を行うこと。子育てや受験、大切な人との生活に役立つ講座を行うこと。

そしてもう一つ。
アスリートが結果を結ぶごはんを提供すること。

講座の信頼を高めるために医学博士取得まであと5年😆短期学位取得にチャレンジしてもあと4年。
その頃にはきっと200勝も達成しているはず!

大器晩成🌟

12月15日大安のようなので、呟いてみた。
来年以降のこの日にこの想いを忘れないために。


走るソムリエ 堤 佳子

追記 一晩たって今、『またご飯食べに行ってもいいですか?』
『野菜たくさん持参します!』と。

食べたら分かる私のごはん。

カラダが喜ぶ私のごはん。

ココロが満足する私のごはん。