世界の長距離に酔いしれた3日間

INEOS 1:59 on Oct.12

It's human nature to push bourdaries.

The drive to learn and achieve more is in our DNA.

INEOSがこれまでに発信していたこの言葉が響いて、大学院のノートにも手帳にも書き留めていました。

1㎞あたり2分50秒というペースを変えずに最後まで、むしろ余裕にさえ見える表情で走り切ったキプチョゲ。

その自信と、でもおそらくはプレッシャーもあったことと思います。
あの舞台でやってのける力。世界の男なんだと感じました。
台風で家に閉じこもっていた12日。
感動の涙を流させていただきました。

そしてその翌日はシカゴマラソン。
私はツイッターでコスゲイの走りを追っていました。
スタートから信じられないペース。
このままどうなるんだろう?と不安とワクワクで追いかけました。
30㎞過ぎてもその不安よりも、このままいっちゃう!という期待が大きくなり、ついには!

信じられないタイムです。
2時間14分04秒。
女性の世界記録☆

早く寝ようと思ったのに、結局深夜まで興奮して眠れませんでした(苦笑)

 

そして朝起きたらツイッターに、これまでの世界記録保持者のラドクリフと一緒に写っている写真がありました。
美しいカラダとラドクリフのこれまた美貌に惚れ惚れ♡
ラドクリフも走っていた頃とは違う表情に見えました。

そして今日は出雲駅伝。
こちらも区間新ラッシュや、気の抜けない優勝争いにゾクゾク。
この3日間は台風の甚大な被害・爪痕に恐怖を感じながらも、人間の限界を超える力を感じて長距離の魅力にますますハマりました。

no human is limited.

The drive to learn and achieve more is in our DNA.


走るソムリエ 堤 佳子