明日のペース走のための朝食指令

明日は【補給訓練ペース走】第12回目

山形県酒田市、秋田県象潟エリアから、『仙台に行ける日リストを送るので、補給訓練ペース走でも、塩糀講座でもなんでも参加させてください』というお手紙をいただき(8月18日の大会にて)、急遽開催することにしました。

ご夫婦なのですが、私の講座に参加するようになってから食べ方が変わり、とくに奥様はマラソン大会での自己ベスト更新が続き、とどまることを知りません!
遂に南部鉄器のお鍋も購入され、ますますご飯作りに力が入ることと思います。

明日のラン後の賢い食べ方ランチでも、我が家の南部鉄器類総動員で作りますので、使い方やレシピも全て伝授します!

さて、この企画は第8回から事前に食べてきてもらうもの(指令書)をご参加の皆様に配布しています。
夏場、冬場によって中身は異なりますし、前回は1ヶ月前くらいに開催しましたが、その時とも中身が異なります。

大会の前日、当日(日々の食事が土台ですが…)の食べるものは、気温・湿度・天候・体調など様々な要因に対応しなくてはなりません。
なのでエネルギー源のベースは同じでも、合わせるものを変えています。
季節によって気をつけてもらいたい点が異なるからです。
今、大学院にいる身として、『それは全て科学的根拠に基づいていますか?』と問われたら返答に困りますが、私のこれまでの人体実験結果です。
そしてこうしてご参加の方に実践してもらって結果を見ています(8回目から)。

日々の皆様の食事までコントロールできませんし、睡眠、仕事の疲労度、ストレスなども含めたら評価はし難いです。それでもアドバイスに従って食べて大会で結果を出している方がいますから、『〇〇を食べるより、この食べ方の方が』ということは言えると思います。

私の食べ方に対する基本は
栄養バランス良く、
旬のものを、
カラフルに、
必要な量を満たして、
添加物や加工品は避けて、
良質のオイルと手作り塩糀などで調理する
というものです。こちらをご覧ください。

そしてスポーツをする方には白米を食べることをすすめています。

サプリやエネルギージェルに頼らない、自然のものだけの食事で走りきれること。
これからも自らの実証で伝えていきたいと思います。


走るソムリエ  堤  佳子