東北大学大学院 医学系研究科に進学します

平成最期の春 4月から
東北大学大学院  医学系研究科に進みます。
博士課程前期2年。その後後期3年に進学して(入試あり)博士号取得まで目指します。

医学博士であり運動学の教授の下で学びます。

これまで『走って結果を出して食事の大切を伝える走るソムリエ』として、自分で講座を行ってきました。
初めての収入を得る仕事が、中野ジェームズ修一さんの講座の後の食事講座。
その後、さまざまな切り口でカラダを整えるための食事の講座を2013年3月から行い、仙台だけではなく、東北各地、東京、新潟でもたくさんの方にご参加いただきました。
またランニング・マガジン クリールの連載、宮城県のTVでの出演などご縁にも恵まれました。

しかし丸5年行う中で、実践実証はできているけれど、実際カラダの中ではどうなっているのだろう?疫学研究など読んでみたけれど、自分で研究したい、追求してみたいことがたくさん出てきました。

また趣味で取った資格レベルの講座を行なっていること、その域でしかないことに納得がいかなくなりました。

『本読んだから』『TVでやっていたから』『資格取ったから』と情報がSNSなどで流れていますが、私は運動学と医学要素とそして栄養も含めて正しくかつ最新の知識を学び、そこから自分で研究し、論文として発表したいと決意しました。

博士取得する頃には52歳。
大器晩成の人生‼︎

《回り道?いえいえこのためにあった私の人生》
⑴新潟大学経済学部卒業
⑵都内 貿易会社→都内出版社 営業部 
⑶営業先に影響され、『英語が話せるようになりたい!』とロンドン語学留学1年。
⑷帰国後、ツアーコンダクターとして海外添乗の日々。
⑸元主人とサンフランシスコで出会い、娘妊娠。⑹アメリカ出産ならば仕事つかまなくちゃ!とアメリカ公認会計士の試験勉強を妊婦中に。産後に受験&合格。
⑺日本帰国が先に決まっており、公認会計士として働くことはなく、東京でママ業120%専念。
⑻仙台に来て幼稚園に通い出してから、留守中にランニング始める。
マラソン大会に出る。入賞、優勝する。
⑼好きなものばかり食べていたら、大貧血になり3年鉄剤飲み続ける。マラソンをしていたおかげで貧血に気付く。
⑽これではいけない!と栄養を学び、それを伝える仕事を自営業として始める。

これからは論文読むのも書くのも英語。
アメリカ公認会計士の試験も論文書きましたが、47年の歩みはこれからの私に繋がっていると信じて進みます。

娘は母よりも高いところを目指して、今月末に受験です。その間も私立大学受験があります。

母を超えなさい。
きっとあなたならできる。


走るソムリエ  堤  佳子