お子様が食べない…と悩むお母様

先日、ジュニアクラブの合宿のご飯作り&栄養講座を行ってきました。

毎年見ている子供達ですが、やはり食べる量が少ないです。(写真は違います、我が家での塩糀講座のおかずです)

この場に限らず、様々なところでお母様方の声を聞くと、『食べてくれない』という声が多いです。

ふと思ったのですが、お母様方はいつも美味しそうにモリモリ食べていますか?子供さんの前で積極的に食べていますか?

お母様が食べていなければ、お子様も食べるようにはなりませんよね。(お腹が空いている場合は除く。)
離乳食を与える時から、与えるだけではなく、お母様も美味しい♪と一緒に食べるべきだと思うのです。
私の娘が2歳ぐらいの時、つまり、離乳食が終わり普通のご飯を食べれるようになってからは、一緒に楽しく食べることを心がけていました。
『食事はカラダの栄養&おやつタイムはココロの栄養!』と思いながら。(幼児はおやつタイムも栄養補給に重要なので。)

今は娘の量の倍食べています。
娘の量も他の家庭よりは多いのかもしれません。
でも食事をしっかり食べてもらって、添加物だらけのお菓子は不要になるようにしています。

お子様が食べない…と嘆くのであれば、まずはお母様も正しいご飯をしっかり食べませんか?
率先して食べていれば、きっとお子様も食べるようになるのではと思います。



走るソムリエ  堤  佳子