須川高原温泉

いつでも立ち寄れたらシアワセなのに。
仙台からはやはり遠い。

ならば大会の後に立ち寄るしかない‼︎
ということで6年続けているマラソン大会後のこちら。
栗駒山荘もお気に入りなので、1年ごとに交代で立ち寄っています。
今年は須川高原温泉の番。

山道をドライブ中、上るほど霧雨に。
あー今年は残念な天気か‼︎と思って、半ば諦めて車を停めて入り口に。
主人に『内湯にする?』と聞かれたけど、やはり露天にすることにしました。
このお天気なら入浴客も少ないはず…という目論見で。
2時間滞在で前半貸し切り‼︎
お天気良くなってから、宿泊の方がいらっしゃっただけで、独り占めの贅沢を味わいました(過去もいつもそんな感です)。

野趣あふれる温泉だから魅力的!だけでなく、泉質も凄いんですよ。
そして私はこの湯口を眺めているのがシアワセ。
とめどなくあふれる自然の恵みに感謝。
何時間でも見ていられます。
気温が低かったのが幸いで、湯の温度もいつもより低く長く浸かっていることができました。

色んなことが重なり合い、最高の温泉時間となった今年。
後半は晴れてきて、乳白色、青空、緑のコントラストが素晴らしかったです。

そして嬉しい美肌成分が濃いのもこの温泉の特徴。
翌日のお肌はウルウルすぎて感動でした!

LOVE温泉♨️
温泉ソムリエとして、分析書マスターとして、まだまだ学びたいことはたくさんです。

道中、力水、仙人水、栗駒神水を全て汲み取り、カラダの中にもキレイな水を補給しました。



走るソムリエ  堤  佳子