鳥海山ブルーライン登山マラソン 優勝

昨年は参加しなかったのですが、過去2年、大会記録を更新しながら優勝してきたこの大会。

今年は涼しく、スタート地点は肌寒いほど。
これはまた大会記録更新のチャンス⁇なんて甘い夢を見ておりました。

健康診断やスタート前点呼もあるこの大会。
競技審判長の生真面目さと、面白いトークがたまらない大会でもあります。
スタート地点は曇り。
ここから17kmかけて、標高1000mまで上ります。
途中、傾斜10%超えもあります。
ひたすら上り続けるレースなのです。

今年はスタート前からあちらこちらから視線を感じましたよ。
連日、過去のこの大会のブログアクセスも急上昇していたので、そのせいかな。
スタート飛ばしていく男性陣を眺めながら、マイペースに進みました。
しばらくして女性2名に追い越されました。
34歳以下の部の高校生?と35歳以上の部の同じカテゴリーの女性。
私には速いペースに感じたので、付いて行かずに自分の走りを守って進みました。

3kmぐらいでしょうか。高校生に追いつき、追い越しました。

もう一人の同じカテゴリーの女性は、どんどん差が開き、最大で200mはありました。1分半以上開いたと思います。
焦らずに、でも『今回は優勝は無理かな』と諦めながら走り、苦しくなっていく5km〜10km区間を淡々と上っていきました。
すると9km地点通過のところで、間にいた男性ランナー全てを追い越し、女性の背中も見えるように。そこからみるみる大きくなり、10km地点で追いつき、追い越しました。
その後も前の男性が見えれば、追いつき追い越し…で長い17kmを完走。

ゴール地点は快晴!
青空と鳥海山山頂のコントラストが最高でした。(上の写真は、ゴール後に携帯取ってきて、ヤラセ撮りしたものです)
涼しかったので、タイム更新できたかなと思っていたら…わずか10秒届きませんでした。
一昨年に10秒足りず。
その1年前の自分には5秒足りず。
前半抑えて走りすぎたのが要因ですね。

今思えば10秒ぐらい何とでもできた…残念。

でも青空と雲海を眺められ、最高の気持ちで終えることができました。



走るソムリエ  堤  佳子