7連覇しました☆

畑ランで収穫した元気な野菜と、モリモリ豚肉・ニラ・ニンニク、そしてお代わりごはんも食べて臨んだ6月3日(日)のひがしねさくらんぼマラソン大会。

 

2006年から出場していて、13回目。

この大会は1万人を超える規模に成長しましたが、ハーフマラソンは39歳以下、40~59歳、60歳以上という大きな分け方。

私の部門40~59歳でも例年800~900人エントリーされています。

 

その部門で40歳になった時から毎年優勝。

今年46歳で7回目の優勝 7連覇を達成しました☆

東根らしく暑くなった今年。30℃超えたそうです。

スポンジ、冷えたタオルで生き返るレースでした。

ゴール後は汗が止まらず!爽快でした。  

 

ここ数年はカラダのダルさ、首・肩・背中の何かにとりつかれたような重み、貧血などで苦しい思いをしましたが、今年は気持ちよく走れました。

 

レース中はそれなりに自分では追い込んでいるつもりなのですが、まだまだ甘い部分が多く、やはりスピード練習など定期的に取り組まないと、大会でも出し切れないのだなと、毎回大会で学んでいます。心のどこかで「趣味だし・・・楽しく走りたいし・・・」と言い訳して勝負から逃げている自分がいます。

 

実は今回も「今後連覇を気にして走るのは疲れそうだから、7連覇したら卒業しよう!気楽に他の大会に行こう!」と思っていました。

 

でももっと活躍しているランナーさんに「連覇挑戦できる権利をもっているんだから」と挑戦を勧められました。

なるほど。これが勝負師の考え方なんだと思いました。

また私が初優勝するころ、仲間にいれていただいていた女性先輩ランナーさんからも「何言っているの!来年も優勝目指して走りなさい。私なんて45歳から走り始めたのだから」と言っていただきました。

 

私は弱い。勝負は逃げたいと思ってしまう。

でも逆の考え方ができる人こそ、勝ち続けたり大きなタイトルを手にするのですね。

 

来年のエントリーが始まるまでに心を決めたいと思います。

 

優勝回数が少ない時は、娘も大喜びしてくれたさくらんぼ。

今では1㎏のうち、数粒しか食べません。高価なのにな~買ってあげられないのにな~。ということで、おいしく私がいただきました♪

 

 

走るソムリエ 堤 佳子