結果を出すためには

仙台国際ハーフマラソン

トップ30入りしました。

2009年 優秀選手賞をいただき、

震災後コースが変わってからは、1時間24〜26分のタイムでで30位入りをしております。

招待の実業団選手や大学生を混ぜての順位です。

歳を重ねて食べる質が高まり、

質が良いから量を食べるようになり(カラダに負担がないから)、

日々効率よいガソリンを満たしたカラダになっています。

 

『明日の自分のために、しっかり食べよう!』

常に頭の中でこだましています。

食べなければ、カラダは動いてくれない。

食べなければ、力は発揮できない。

重要なのは食べる質・組み合わせ・量。

だから私は『栄養の加算方式』を受講してくださる方に伝えています。

学生はこれから総体が始まりますね。

 

大会前日だけでなく、常に賢く満たした食べ方をしてもらいたいです。

 

 

走るソムリエ 堤 佳子