毎日塩糀を広めたい理由②

2月28日は我が家で女子会をしました。

その日のお昼は【毎日塩糀♪】第36回を開催した日。
夜のビストロ走るソムリエも全てが塩糀メニュー!まるで塩糀講座のようでした。

お陰で翌日もスッキリ。むくみ無し。
胃もたれ無し。
むしろ快便、快調!

私の場合毎日の食事が塩糀からできているので、いつもと変わりませんが、飲んで食べ過ぎても安心。
2日後の3月2日は外飲み。
一定の評判のあったお店に行き、メニューもなるべく素材だけで仕上がっているものをチョイス。
グルテンフリーな私はワイン。揚げ物なし。

ところが、やはり味付けに使われている醤油やソース、ドレッシングなど…なるべく落として食べたのに…。

久しぶりに帰宅して嘔吐しました。
3回も。

そしてあれほど吐いたのに、翌朝は別人のようなむくみ顔。目は一重になり腫れていました。

やはり自分の作った食べ物が一番だと思いました。無駄なものは使わず、塩糀と良質のオイル、酢などから作るおかず。

ここ数年は、遠征時も一晩分は手作り持参しています。
明日出発の名古屋ウィメンズも、もちろん持参します。手作り塩糀も!です。

塩糀講座にご参加の方にはいつもお話ししていますが、塩糀なら塩分も抑えられる。
加熱調理なら旨みを引き出し、生がけなら塩糀が持つ100種以上とも言われる酵素を生きたままカラダに取り込めます。ビタミン・ミネラルも豊富。

酵素を取り込む良さは、講座に参加した方に熱弁している通り。

何より美味しくてカラダが喜ぶから、欠かせません。

1年前、スウェーデン・デンマーク添乗とシンガポール添乗が続いてカラダがむくみ切った時、帰国して1日自分のご飯を食べたら、一気にむくみが取れたことを覚えています。
やはり私には塩糀生活がピッタリです。



走るソムリエ  堤  佳子