1日で2.3kg&体脂肪率4.1%減

2017年10月中旬の能登すずウルトラ以降、足の痛みが交互に来て、それからのハーフや10kmの大会はイマイチのタイムで年を越しました。

どの大会も、心肺の苦しさや頭に酸素が回らないことを感じていたとともに、お腹よりも上で肺よりも下あたりの背中側に重みを感じていました。
腰が痛いのか、または重たいだけだと思っていました。

ここ数ヶ月は、トイレの回数も減っていることに気付いていました。

寝ている時やお風呂に入っている時に、無意識に痛いからとほぐしてしまうツボや箇所も全てその臓器に繋がっていました。
臓器の働きを改めて調べてみると、赤血球を作るホルモンを作るのもここだそうです。

どうりで数値が低いわけです。

16日の施術でも『あっ、そこいつも痛いからほぐしていた場所です』と伝えると、『腎臓につながっているから』の返答。
ツボの本を読んでいても、寝ている時でも押したくなる場所は腎臓を司る場所でした。
17日からは走るのはやめて、東京マラソンまで内臓をいたわることに決め、まずは自宅のお風呂でゆっくり過ごしました。
温泉に行きたいところですが、どうしてもやりたいことがあったのです。自宅のお風呂でなくてはできないので。

それは、スマホに入っている溜まった画像を削除すること。
私のカラダには悪いストレスが溜まっています。
またお料理の講座やランチ作りの仕事をする事で、過剰に食べたり、研究で様々な味を食べ比べたりと、カラダに負担がかかっていることも事実です。1月から今まで走れない日がほとんどで、それでも食べ比べをするので体重も出産後最大まできていました。

スマホの断捨離と私のカラダに溜まっている過剰な塩分を出す1日とした訳です。


とはいえ、朝食・昼食・夕食取りました。
バランス保ちながらも、塩分排出を促すようにして。

私は毎晩計測するのですが、驚きましたよ。
タイトル通りです。
昨晩は前日比で体重2.3kg減、体脂肪率4.1%減です。
走ってもいないのに。
昨日は家事、リラックス入浴、午後2時から友達とお茶に出かけ、夕方帰宅。それだけです。運動ゼロ。

私の場合、入浴がとても効果的なんです。
温泉好きですし、温泉ソムリエでもありますが、自宅でもデトックス法の一つになっています。

ただ汗にはミネラルが含まれています。水分を失っているだけではありません。
私のようにやや重度な貧血になっている方は、汗により鉄分も失いますから注意が必要です。
ミネラルたっぷり補いながら、また食事でも強化しないといけません。


とりあえず、18日の今日も青空広がっていますが、走りには行かず内臓労わりつつもしっかり食事を取り、カラダを温めて静養に努めます。

体重落としたい方。
今一度、ご自身の食生活を見直してみてください。
食べすぎ、偏食、糖質過多、脂質過多、タンパク質過多、塩分過多。
でも私が今まで食事アドバイスをしてきた方々の大半は糖質(ご飯)が少ない傾向です。その代わりお菓子やドリンクなどで不足した糖質を補っているパターンが見られます。
また外食が多かったり、味が濃いものが好きな傾向が多いので、見直すと減量できる可能性大です。

またゆっくり噛むことも大切です。

これを読んで、『入浴で汗をかけば良い!』と思わないでくださいね。
ストレス解放には良いですが、大切なものを失いますから、失った分の補給が必要です。
一番は運動して燃やすことだと思いますよ。

糖質+ビタミンB1+アリシンで
効率よく糖質代謝を促してください。

冬は寒くて塩分濃いめの汁物や辛いものなど食べがちです。緑の葉物野菜が高いため、塩分排出促すカリウムも減りがちだと思います。
価格安定の里芋、アボカド、バナナなどカリウムが多いものもバランスよく加えて賢く食べ、カラダの滞りを解決しましょう。ミツバも多く含まれているので、ちょっと乗せて…ではなくムシャムシャ食べると良いと思います。



走るソムリエ  堤  佳子