走れない理由

2017年11月から痛めていた足が原因でもありましたが、11月12月とハーフ2本とも90分を切れない状態。

フルマラソンの中間地点(ハーフ)通過タイムよりも遅い結果が続きました。

 

実は2016年5月末から取り組んでいる問題が精神的疲労をもたらし、走れなくなっていました。

精神的ストレスは想像以上に重く、頭痛、首・肩・背中・腰の痛みや可動域を狭めたり、呼吸困難になったり、睡眠不足になったりと辛い日々を過ごしてきました。

そして2017年まさに大晦日からドッと疲れがきて、全く走る気にもならず1月もあまり走れなくなりました。

 

そして大阪国際女子マラソンのDNF。

 

ただの精神的ストレスだけだとすると、私はもう復活できないかもしれない・・・そんな不安にもなりました。

 

もしかしたら他にも原因があるかも・・・とそのもしかしたらに賭けて血液検査をしました。

私は11年前、2007年11月に酷い貧血に気づきました。

あるハーフマラソンの大会で3位には入れるだろうとスタートしたら、全く走れず、10㎞地点をビリで到達して(歩きながら)棄権した経験があります。その後、何がなんだかわからず内科を受診。貧血でした。

 

思い返すと当時と同じカラダの感覚なのです。

頭痛、眠れない、息苦しい、階段上がるのがつらい、走れない、疲れる・・・。

 

まさかここまでだとは思いませんでした。

2017年は年間グランドスラムも達成しています。

122勝まで優勝も重ねました。100勝が2016年11月でしたから、20勝近く2017年も重ねたわけです。

でも振り返るとタイムは納得いくものはなく、いつも足が重く感じていました。

 

それでも達成したかった年間グランドスラム。そして早く解決したい問題。

それらに一生懸命になっていて貧血に気づきませんでした。

そのうえ、食事はさらなるパワーアップしていたからでしょうか、食べることで乗り越えてきたのでしょう。

 

2018年1月30日検査 ※(カッコ内は基準範囲)/2007年11月5日検査

鉄(血清鉄) 21  (45~180)     /6

フェリチン  6.3  (2.3~15.0)    

白血球数   3600  (4000~9000)  /3400

赤血球数   341  (380~480)    /310

血色素量   9.7  (12.0~15.5)    /5.4

ヘマトクリット 33.9 (35.0~45.0)   /20.5

 

11年前は好きなものしか食べていなく、体重も今より3㎏少なかった頃です。それに比べればそこまでひどくはないですが、フェリチン以外は基準値以下です。

「走れるわけないね」と診断されました。

 

また鉄剤を処方され、治療開始となりました。

何年も鉄剤を飲み続けたこと。それが機になり私は栄養を学んで、食事改善に努めて、今の仕事に至っています。

その振出しに戻りました。

 

でもこの5年は食事はバランスよく十分に満たし、さらにパワーアップしています。

それでも貧血になってしまう恐ろしさ。

私は貧血になりやすいのでしょうか。

17年前、アメリカで妊娠していた時も先生に「貧血になりやすいから鉄分しっかり摂って」と言われていたことを思い出しました。

 

またこの貧血に向き合いながら、食事学をさらなるパワーアップさせたいと思います。

 

私にとって様々なことを振出しに戻したい、再スタートしたい2018年。

そんなことを走れない身体からも感じた立春です。

 

東京マラソンに間に合うかは厳しいところですが、名古屋ウィメンズはいつものような走りができるよう、まずは貧血を治します。

 

 

 

走るソムリエ 堤 佳子