1月の【毎日塩糀♪】

1月5日の小寒から2月4日の立春の前日までの「寒」の時期のたまごを「寒たまご」と言い、それを食べると無病息災、健康増進に良いのだそうです。

 

私たちの抵抗力が弱まってくるこの時期、にわとりは体温が高くたまごも栄養豊富になるそうです。

 

さらに、大寒(1月20日)に生まれたたまごは特に滋味深く、この日に採れたたまごを食べると風邪を引かず健康に暮らせると言われています。また風水によると「金運」も上がると言われているおめでたいたまごなのです。

2015年から開催している、【大寒たまご(または寒たまご)でTKG!食べ比べ】の会。人気もありリクエスト開催をするほどです。過去開催の模様はこちら

 

今年は1月の【毎日塩糀♪】の各回に、たまごをお出しする予定です。

大寒より前に開催の回では寒たまご。大寒以降開催の回では大寒たまごをご用意いたします。

生卵が食べられない方も、食べれてしまうほど生臭さのないデザートのような卵(私の感じ方)。食わず嫌いの方はぜひチャレンジしてみてください。

アレルギーの方には火を通して、南部鉄器で仕上げてお出しします。こちらも塩糀と相まって最高の味になりますのでお楽しみに。

 

2018年の【毎日塩糀♪】はバージョンアップして開催です。

各月同じメニューになるように心がけます。

ですので、毎月1回参加で同じアレンジレシピを学べます。

また、テキストも作ってまいります。

 

残席わずかの回もありますので、お早めにお申し込みください。

お申込みはこちらから。

 

 

走るソムリエ 堤 佳子