講演『カラダが喜ぶ食事の秘密教えます』

10月7日(土)は山形県朝日町にて講演を行いました。朝日町健康づくり事業の『健康まつり』にて講師としてお呼びいただきました。

会場に着いて驚いたこと。
町の担当者さんの生き生きした表情、気配り。
そして会場の素晴らしさ。
大きなホール、ステージも広く、そしてとても良い香り。そう!ステージ周りの木の香り。扉まで。
写真は準備中のステージ脇から撮ったもの。
この壇上で60分講演です。
まずはむし歯ゼロ表彰から。
私は裏の楽屋で待機です。
ウェルカムドリンクとリンゴがお出迎えです♪
これだけで感激でした!
なぜって私はリンゴが一番好きだからです。
このことは過去のブログにもよく登場していますね。
遠慮なくいただいて、いよいよ講演です。

内容は…
みなさんの今の食事を頭に思い返してもらう。
そして舌や脳が喜ぶ食事とカラダの中から喜ぶ食事の違いをお伝えする。
私自身カラダが喜ぶ食事でどんな効果があるのか、実例を挙げる。
ではカラダが喜ぶ食事にするにはどうしたら良いか?
走るソムリエ式5大原則と5大栄養素についてレクチャー。なぜバランスの良い食事が必要なのかのカラクリ、具体的な賢い組み合わせ例など。
ホワイトボードに大きな字で説明。
ご参加の皆さんもメモする方がほとんどで、ステージ上から感動してました。
早速その日の夕飯から実践できる組み合わせなどもお伝えしました。
講演後は、親子スポーツ教室があったり、アルコール適性検査や血管年齢測定、またミズノ(株)さまのブースでは足型測定して足の特性を見てもらったり、様々な便利グッズを試すことができます。

私も全てチャレンジ。
アルコールはあまり向かないようです。
血管年齢は3歳若く出ました。(もっと若いかなと思ったけど苦笑。)
足の重心もまずまず。ややアーチが落ちている感じでした。
介護グッズでもあり子供たちの遊びにもなり、座りながらにして筋トレができるグッズは子供達に大人気でした。
楽屋に戻ると美味しそうなプレートが!

こちらは朝日町食生活改善推進協議会の皆様がご用意してくださった試食の盛り合わせです。
来場の皆さんも食べれます。
季節感満載!
栗の渋皮煮、イチジクのコンポートは手間暇かかるもの。美味しかったです。
他五目野菜のゼリー寄せ、赤紫蘇ジュース、寒天レアチーズケーキ。

朝日町さんの取り組み、町の担当者の姿勢、企画の立て方など、どれも感心することばかりでした。
町の皆さんの健康に、この日のお話がお役に立てば幸いです。

ぜひ次は実践編として、塩糀作り講座や、ラン&ご飯の実践講座など、日々に取り入れる学びの企画を行いたいです。



走るソムリエ  堤  佳子