食事アドバイスの女性 初フル 目標達成

2016年10月から食事アドバイスを受講されている女性。

10月1日(日)開催の東北・みやぎ復興マラソンにて初フルマラソン 4時間切りが目標でした。

 

そのための食事改善に取り組んできました。

 

もともとお料理が好きで、なんでも手作りしちゃう方。特にお菓子作りが好きなご様子。

体重と体脂肪率も落としたいということで、これまで様々なダイエットを試してきたとのこと。

極端な糖質ダイエットも行っており、私の食事アドバイスは「まずはごはんを食べて、バランスよい食事にすること」からでした。

 

それ以来、少なすぎたごはんの量を増やし、おかずもカラフルにモリモリ栄養加算方式に。

体重・体脂肪率の変化は、開始当初とあまり変わりません。

でもしっかり食べても変わらないカラダになったのです。

そして健診では体重は変化なくても、腹回りが3㎝減少。

 

今まで楽しみに食べてきたお菓子をやめてもらい、ごはんをその代わりに食べる。

その効果が出ているようです。

 

そしていつも出場する大会前には、調整するための食べ方をアドバイスしてきました。

走る距離、大会当日の天気、体調によって強化するポイントをお伝えしてきました。

初のフルマラソンとなった今回は、フルマラソン用の食べ方も伝授。

しっかり守っていただき、みごとなぶれないラップで4時間切り達成☆

 

そして大切なのは大会前だけではなく大会後の食べ方。

こちらもしっかり意識していただいたので、翌日出社したら周りの方々に驚かれたそうです。

「フルマラソン走ったのに元気がよい」と。

使い切ったカラダには疲労回復の食事をしてあげないと、リカバリーができません。

走って内臓疲労、そのあとの不摂生でますます内臓痛めては、回復は遅れるばかり。

 

私も5年以上前は、今では食べたいと思えないものがご褒美でした。

今はごはん、お肉、魚、卵、野菜、果物、大豆製品、乳製品がご褒美になっています。

もちろん手作り塩糀と必須脂肪酸とともに。

 

これからも食事アドバイスを受講される方が、ご自身で変化を感じ効果を感じてもらえたら幸いです。

 

彼女は目標達せしましたが、疲労回復食事を学ぶために今月も受講中です。

 

 

 

走るソムリエ 堤 佳子