グルテンフリーの理由 追記

ここ1〜2年の私の講座に参加されている方はご存知かと思います。

私がグルテンが合わないと感じている理由。
過去のブログにも恥ずかしいお肌の写真をアップしました。
食べれば必ず同じ場所に吹き出物、ニキビが翌朝出ます。

そして振り返ると、ビールを飲んだ日は気持ち悪くて、翌日も消化しきれない苦しさを感じますが、ワインはスッキリ。

子供の頃に初めて食べた頃の印象。
『美味しくない』と思ったもの…
焼きそば、うどん、そうめん、カップ麺、餃子、シュウマイ、揚げ物、お好み焼き、たこ焼き、ドーナッツ、ショートケーキ、シュークリーム、エクレア、バタークッキー、醤油。
どれも小麦粉入っています。

上記のものは、まわりが美味しい!って言うから、『こう言うものを美味しい!と言うんだ』と自分の頭の中で結びつけた記憶があります。

でもはじめの頃の感じ方を思い返すと、どれも気持ち悪いな…食べたくないな…というものでした。

もちろん学生の時は喜んで食べていましたし、止まらなくなっていた物もあります。
グルテン中毒ですね。

でも今は、どれも体調不良になるので要りません。
だから私の食べ方は、
塩糀と良質のオイルなどのみ。
生きた栄養のある旬の食材。
カラフルにバランスよく。
添加物・加工品はなし。
賢い組み合わせの加算方式。

もう怠くなったり、やる気がなくなったり、肌が荒れたり、消化不良になるのは時間がもったいないですから。

このカラダが喜ぶ食事を体感されたい方は、各種走るソムリエ・ラボ開催の講座にご参加くださいね。

ご自身のカラダはもちろん、
ご家族の健康や、
スポーツする人のパフォーマンスもアップさせることが可能だと思います。



走るソムリエ  堤  佳子