富士登山競走

第70回富士登山競走。
憧れの富士山ゼッケンで出場してきました。

1ヶ月前の試走でかなり糖質を摂取したこと、疲労もあったことを考え(前日に30kmの大会を走ったことが要因ではありますが…)、今回はゆっくりペースで落ち着いて入りました。
そしてウエストポーチには5種類のゼリー飲料。蜂蜜、ミネラルタブレット、他色々。酸素ボトルも持ちました。

結果からいうと、全て裏目に出ました。
試走の時は疲れていただけで、レースでは携帯したゼリー仕方なく1本飲んだだけ。あとは重みとなりました。
前日のご飯もしっかり食べていたので、全く枯渇感なしでした。
レースペースも過去2回5合走った時より10分も遅い5合通過タイム。
そのおかげでスイスイと登山道を登っていたし、追い越しながら進んだし、呼吸も楽で、6合以降に備えていました。
5合目過ぎに友達の後ろになり、『追い越していいよ!』と言われましたが、『いいの、今はゆとりを持って進むから!』と返答していたくらいです。

途中応援くださる方々にも『女性元気!凄い!』と言われるほど余裕を持ってサクサク登っていました。
途中追い越していく女性ランナーはみな必死。
総合入賞目指している様子。その辺りは女子8〜9位と言われていたので、入賞枠かけてみなさん追い越して行ったのですね。
でも私は『8合目以降は何が起こるかわからない!』と終始マイペース。追いかけることも追い越すことも考えず、いつか追い越せると思っていました。
それが失敗。
がっつり入賞かけて登ればよかった。
カラダは動いたし、足も元気だった。
それに思った以上に渋滞風になり、前が進まないから止まることも多々ありました。
貪欲に脇から追い越せばよかった。
これも反省。

そんな訳で、9合過ぎまでゆとりがあるまま…そして最後の鳥居で4時間きりのカウントダウンが聞こえてきて、前のランナーは気合を入れてラストスパート。
私はマイペースにそのまま…どうしてこんなに勝負心がないのだろう。
追い込みきれない、ラストスパートしない、いつもの私が出てしまいました。
とはいえ、最後の鳥居後は疲労もありました。

過去2年はゴールすると首にかけてくれた総合入賞の札。今年はなく…残念。

ゴールの嬉しさはありませんでした。
山頂で友達と健闘を称えあうも、心は不満足なまま。
タイムも4時間00分4秒で目標に程遠く、順位も同じく。
でも下山してくると嬉しいニュースが。
総合10位以下の女子40歳以上に贈られる部門で3位。表彰されました。
実は過去2回、総合入賞した時にいつも感じていた、年代別の方がタイムは遅いのに副賞が多いこと。今年はそれをいただけました(笑)
ありがとうございます。でも総合入賞の方に恐縮です。
とりあえず年間グランドスラムに王手となりました!仲間はみなこの富士登山で年間グランドスラム達成!私も続きたいと思います。
タイムと順位が悔しいので、またもう一度参戦してみたいと思います。たぶん。
走っている時は(スタートから馬返しまで)2度と走りたくない!と思っているのに。
失敗から学んだ私の富士登山競走 初山頂コースでした。
たくさんの応援、いつも見ていますの挨拶ありがとうございました。
そして会場で時間を共にしたみなさん、楽しい時間をありがとう!
やはり富士登山競走は最高です。



走るソムリエ  堤  佳子