調子に乗って連日早朝登山

6月28日に早朝登山からのご出勤を行って、次の週も晴れの日を見計らって登山しました。

こちらは7月6日(木)の写真。

最高のお天気でした!

眺めの良い賽の河原から仙台市方面を眺めて、まだ寝ているのかな?なんて思うと、すごく得した気分です。
朝からおいしい空気吸って、緑の中に潜り込んで、そして頂上に着いて。

下山後に食べるおにぎりがまた美味しく感じます。物々交換にスムージーいただきました♪

この日は私もランチ作りの仕事があるため、1本で終了。

 

そして別れ際には明日の天気もチェックし、「明日もよろしくです♪」の約束を取り付けて解散。

次の日は湿度が低くカラッとしていました。汗もあまりかかずに済みました。

連日登っても同じところから眺めても、空の色や雲、映る緑の色が異なり新鮮です。

この場からの朝の眺めは最高☆

1日が気持ちよく始められます。
そして下山後はおにぎりの朝食。この日はトマト、キュウリの玄米塩糀和えも。

こうして連日登っていると、もう毎日朝から登らないと気が済まないような気持になります(笑)朝のラジオ体操みたいな感じです。

この日の夕方も美しい赤色に染まっていて、夕方登っても気持ちいいだろうなあなんて思ってしまいました。

完全に山モードスイッチオンになっている私です。

 

でもあくまで登りの練習のためですよ。

過去2年は何も練習せずに富士登山競走に出ていましたが、今年は本当の山頂コース(昨年は悪天候で5合目ゴールとなったため)!しっかり悔いなくゴールしたいので、今月は走るよりも登りを強化しています。

実は大会に向けて、こういう風に練習するのは初めてなんです。これまで私は大会に向けて練習を組むこともせずに気まぐれジョグでやってきました。

でも今年は年間グランドスラムを達成したいし、富士登山競走も今年のゴールでとりあえず終了したいと思っているので、この大会に向けて練習っぽい内容をしています。

いつもお相手してくれる今井さんには感謝です。

 

問題は、この山では酸素の薄い感じは体感できないこと。

山頂まで登っても中の茶屋の標高なんですから(苦笑)。中の茶屋は富士吉田市役所をスタートしてから7㎞あたりにあるロード区間。あの斜度を永遠と上っているロード区間。あの息苦しさ、心肺の追い込みは富士山のレースコースでしか味わえません(涙)。

それでも身近にある泉ケ岳は岩場もあり、その部分は練習になるかなと思って登っています。

まあ何より早朝の山は楽しいですから♪

 

ということで大会まであと17日ですが、あと何回かは早朝登山したいと思っています♪
よろしくです。今井さん(笑)

 

 

走るソムリエ 堤 佳子