温浴って大切

4月に左の小指を削ぎ落とした時も(ブログ『やっちゃいました』参照)、昨日のアスファルトダイブも(ブログ『インターバルをしたら…』をご覧ください)、お風呂では患部を濡らすことができませんでした。

濡らさないようにすると、身体がなかなか温まらず、手先は冷えたまま。
入浴しても汗もかかず、洗うのも苦労して上がりました。
そんな日は体重も体脂肪率もアップ!
体重は1.5kg多く、体脂肪率も2%近く上がってました。

今日は患部も乾いていたので、あまり気にせずにお風呂へ。
なるべく濡らさないよう気をつけて入りました。
程よく汗もかけ、身体も温まりました。

私はいつも入浴後に体重・体脂肪率を計測します。(寝起きの朝が計測には1番良いそうです。)
そうしたら、昨晩より体重1kg減。体脂肪率は1.5%減でした。
昨晩が驚きの数値でしたから、落ちて当然なのですが、やはり温浴は大切ですね。

入浴で身体を温めて、カラダの巡りを良くする。
そのためにも食べるものも大切。
食べ物次第で血流の流れも変わると思いますから。
そういえば、ファイテンショップで血流をみてもらったら、かなり良い数値が出て驚かれました。
きっと食事の効果だと思います。

やはりカラダの元気は巡りですよね。
効率よく巡らせること。
それが心地よく生きていくための土台。

そんなご提案をできるよう食事だけではなく、入浴という要素も含めて、カラダが喜ぶ講座を作りたいと思います。



走るソムリエ   堤  佳子