108勝目 郡山シティーマラソン

今年も走ってきました。

郡山シティーマラソン 10km一般女子の部。

一般女子の部というところが困ったものです。
そうです。18歳以上。

 

今回で4連覇しました。

45歳です。

42歳、43歳、44歳、45歳と優勝しました。

4回しか出場していません。

 

今年の優勝のネッツ賞は・・・目録ではなくチャンピオンのジャージ素材のバッグに入っていました。

なんと!ウィンドブレーカーでした☆

2016年暮れから3大会でウィンドブレーカーをいただいております。

うれしいです。

5~6年前までは走るためのウエアは自分が好きなものでなくては嫌だな~と思っていましたが、

これは年齢のせいでしょうか?生活にゆとりがないからでしょうか?
以前は着なかった大会Tシャツも着るようになりましたし、いただけるウィンドブレーカーが嬉しかったです。サイズはやや大きめですが、大切に使いたいと思います。

もう1つ入っていたこちらのタオル。

さすがトヨタネッツ賞です。

吸水性抜群のタオルですが、記載されていた用途がさすがです。

洗車の後のふき取りやワックスがけのあとのふき取りに・・・とのこと。

なるほど!

私はつい、キッチンやシャンプー後におすすめかと思っていました(笑)。

レースの方は、今年からコースが変わりまして折り返しが2か所。

曲がり角も増え、道幅も狭くて、ハーフの選手と一緒になる後半は走りづらい箇所も多々ありました。

給水で予想外の行動されるランナーと衝突しそうになったり、数回ブレーキをかけることになりました。

係の人が大きな声で「ハーフの方は左。10kmは右。」と整理してくださっていましたが、音楽聞きながら走っている方には届いていないのでしょうね・・・危なかったです。

 

その後道が広くなって7km地点辺りで、後ろから並んできた男性が「残り3km 引っ張ってあげます」と。

嬉しいのですが、正直すでにいっぱいいっぱい。

このままいつもの走りでいけば撃沈することもなく無難にまとまる予定でしたが、「ペースアップですか?」と頭の中は「無理無理!今日はこれで十分!」という思考がグルグル(苦笑)。

 

案の定、その男性は振り返りながら私をみて上げていこうとしますが、思ったようにあがらない私をもどかしくみているようでした。

「ごめんなさい。私、若くないので・・・」そんなことを心の中でつぶやきながら、久しぶりに10kmのレースで心拍上がる自分に耐えていました。
走りはいいよ!と褒めてくださり、「そうか~こんなに苦しくても、フォームは良く見えてるんだ・・・私はつらいけど」と思いながら、とりあえずペースダウンしては申し訳ないので現状維持。

ラスト1km切って、「じゃあ私は先に行きます」とその男性はゴールへ向かっていきました。

私はそのままのペースで何とかゴール。

ゴールタイムは昨年より悪いですが、ラップは7km以降は、スタートから3kmのペースト同じで走り切れました。

ありがとうございました。
ゴール後、すぐにその男性を探したのですが、見つけることができず・・・お礼を言いたかったし、どこの方か知りたかったのですが・・・。

またどこかの大会でお会いすることができたらと思います。

 

せっかく郡山まで行ったので(3時起床、4時半過ぎ出発!)、ゆっくり温泉入って帰りたかったのですが、翌日はまた早朝出発、食事講座3本立てだったので、仙台まで高速飛ばして帰りました。食材の買い込みで荷物運びが大変な夜となりました。

 

でもおかげで108勝の食事講座!

 

 

走るソムリエ 堤 佳子