Run×Mealで減量ですって!

23日(日)はカラダが喜ぶRun×Meal 第7回を開催しました。
仙台の桜の名所 榴岡公園。
まもなく桜も終わります。
肌寒い日でしたが、青空のもと花見をされている方々やスポーツをする子供達などでたくさんでした。
第7回も桜の美しさにも負けない女性ランナーが集まり、足の状況を見ながらウォーキングやランニングを行いました。
今回は距離は走らず、ラン前にやると効果的な動き、日常取り入れると良いストレッチ法、坂道のコツなどたくさんのアドバイスを盛り込みました。
仙台国際ハーフマラソンに参加される方ばかりだったので、コースを想定した対応なども。
結局走ったのは2kmあったかどうか。
それでも内容の濃い時間となりました。
走るソムリエ・ラボに着いてからはお待ちかねのMealタイム!
まずは皆様に前菜をお召し上がり頂きました。

ご参加の方が抱える悩みを解決するスペシャルドリンク!
日々この栄養を気をつけていると大会でのアクシデントの予防になるかもしれません。
ということで、より栄養の濃い大根菜を使いました。
トッピングはカカオニブ。様々な効果を期待して組み合わせています。

同じプレートに乗っている野菜の方はクネッケというスウェーデンの堅焼きパンのようなもの(日本の方にはクラッカーに感じるかもしれません)に野菜とささみを乗せています。ビタミンEがとても多いインカインチオイル(グリーンナッツオイル)を少し垂らしてあります。
こちらも野菜がメインのおかずプレート。
今回はRun Beautyを目指すための強化対策。
紫外線によるダメージを防ぐため、抗酸化対策です。
野菜のそれぞれが持つ栄養を無駄なく取れるよう工夫しました。

そして大切なのは野菜だけではなく、たんぱく質。カラダを作るもと。運動するなら多めに取る必要があります。運動で筋肉破壊しているのに、合成する材料が体内に入ってこないのでは鍛えたものも台無しですから。

今回は茹で豚。
大きなももスライスをしゃぶしゃぶ。
みなさんお肉の大きさに驚いていましたが、私は食べ応えがあって大好きです。

下にはレタス、新玉ねぎがたっぷりと大きな鉢のお皿に敷き詰めてあります。
トッピングは新ニンジンとメロンの種を炒ったもの。栄養の加算方式!
もちろん味付けは手作り塩糀とアマニオイル。
腸内から元気になれるメインサラダです。
野菜だけではバランスが整いません。
生きていくために必要な糖質。
この糖質が必要量入ってこないと、せっかく取ったタンパク質もビタミン、ミネラルもその栄養がもつ働きを十分に発揮できません。
やはりバランスが大切。

ということで白米とスペシャル昆布!
この秘密はご参加の方のみに。

こうしてバランスよく食べることでカラダの中から元気になれ、代謝が高まります。
翌日の24日、ご参加された女性から早速嬉しい投稿がありました。
お肉をお代わりして、いつもよりたくさん食べた!とおっしゃっていたのに、なんと体重−1.2kg!体脂肪率も落ちていたそうです。

食事の食べ方、組み合わせを改めて学べたましたと嬉しいお知らせをいただきました。

仙台国際ハーフマラソンに向けてのRun×Mealは日程的に終了ですが、今後も毎月開催して参ります。

5月以降のスケジュールは決まり次第アップします。


走るソムリエ   堤  佳子