マルメの可愛らしい建築物と小学校の給食

朝ランから戻って朝食を。

やはり定番のチーズ数種、レバーパテ。
このホテルにはビーツ(瓶詰、缶詰のもの)、パプリカがありちょっと嬉しかったです。
ヨーグルトにもドライフルーツたくさん詰め込みました。

そうでもしないとビタミン・ミネラル不足になりますから。

そして塩分濃すぎる食事が続くので(実は昨晩のスープはホントにしょっぱかった!)、なんとか塩分排出しないと浮腫みが大変です。

こちらはLilla Torgetリラトリイ広場にあるデザインセンターの入り口。

とっても可愛らしいですよね。

この中を進むと・・・

左手にはこんな可愛らしいお店が。
奥の緑の入り口がそのデザインセンター。

入場料無料で、1階にはカフェ、2階は作品、3階はお買い物ができるんですよ。

反対側にはこんな鮮やかなイエローの建物があって、この一角だけでも楽しくなります。
小さなお店も並んでいます。

こちらはライオン薬局の中です。
歴史を感じるディスプレイ。

今も薬局としてお買い物ができます。

私はなぜか歯磨き粉を4本買いました。

すごく可愛らしいデザインで、ピンクの歯磨き粉が目についたからです。

ちょうどただいま幸せにしている友人を思い出し、お土産の一つに。

でも2本でお買い得との表示。
ならばついでに2セットと4本になりました。

今回の北欧ではまだ入場していない教会。

ヨーロッパツアーなら必ずどこかの教会は見ることがありますが、今回6日目にして、それもマルメにて入場です。

ペトリ教会。

 

海外旅行初めて、ヨーロッパ初めての学生さんには、教会の厳粛なムードや中の明るさなど、全てが新鮮だったようです。

たまにはこんなアングルでも撮ってみました。

美しいですよね。

市内観光の後は、マルメ市内の小学校を訪問。

まずは給食をいただきました。
今はお休み期間で子供たちの大半は休暇中。ご両親が仕事をしている(家族休暇のお休みをとらない家族)子供たちが預けられていました。
ですので通常の給食よりは簡易的だと言っていましたが、こちらでランチをしました。
一番右のフライのトレーには、お肉の入っているバージョンと、もう一つはベジタリアン用。

さすが移民が多い国の食事です。

パンに挟み、野菜も盛り付けて食べるのが見本です。私はパンと揚げ物、パスタをカラダが不要と反応するのでサラダ類をメインに。朝食から3時間ちょっとなのでまだお腹もすいていませんでした(苦笑)。

 

その後は、マルメ市内の小中学校などのランチの栄養監修をしている方のお話を聞きました。

マルメではできるだけオーガニック食材を使い、野菜の比率を上げていくなど健康への取り組みを行っています。

市内のごみ箱も当然のように5種類ぐらいに分別されていました。



走るソムリエ 堤 佳子