97勝目は長井マラソン(フル)大会新☆

この写真ではお天気も良く気持ちよく走っての優勝にみえますが・・・。

はい。うれしいことにダントツの女子総合優勝で新コースになってからの大会新記録☆97勝目☆

 

でも実は、土足禁止のトイレ2回駆け込みのおまけつきです。

走行距離42.51km。

 

ランナーさんなら皆さんご想像が着くことと思います。

シューズの靴紐はどのようにしてスタートしたかを。

 

この日の山形県は霧に覆われ、朝は6℃の表示も。

ホットクリームを塗り、アームカバーをし、ウエアの下には重ね着。

そして会場でも5~6回トイレに行き、尿対策は完璧でした。

 

ですから紐は2重に蝶々結び。そして解けないようにしまい込んであります。

 

その上、手袋すればよかったな~と5km辺りで身体が温まってきたにも関わらず思うほどで、アームカバーの指通しまで引っかけるほどでした。

長井マラソンは1周21km。2周目は少し異なりますが、後半は同じ部分を走ってゴールです。

 

スタートこそ笑顔ですが、わずか1km通過時点でトイレに行きたくなりました。

「しばらく走れば温まって行かなくて済むだろう」

と晴れマークの天気予報を信じて日差しを待ち、汗をかくことを期待していました。

6km辺りにトイレマーク発見。

「トイレロスはもったいない。万が一の時は、またトイレも出てくるはずだし・・・」

 

スタート前には「田舎のコース大好き♡」と豪語していた私。

応援もなく山や畑、田んぼをみながら一人孤独走は好きなんです。

 

ところが!それが仇となりました(涙)。

6km以降はまるでトレランのハイドレーションをお腹に抱えているようで、トイレのことしか頭にありません。

「トイレ、トイレ」

「男だったらこの辺でするのに・・・」

と民家もまばらな田んぼを眺めて思い、何か可能なところはないかとそればかり考え、

「後ろに数人いる男性ランナーさえいなければ」とか

「背中にゼッケンがなければ」などそればかり。

 

泣きそうでした。走っても走ってもトイレ表示がでてきません。

 

もう限界かも・・・と思った14km過ぎにようやく「トイレ」の表示。

ロスなんかどうでもいい!迷わず表示にそってコースから外れて左折すると・・・100mは進みましたね。

そして目を疑ったのが公民館(または集会所)。

もちろん土足OKだと信じて、玄関を開けると・・・ビニールシートもなし。

チーン。

終わったと思うよりも、「助かった、トイレがある!という思いからの我慢できない尿意」

冷たい手で、走ると力が入らなくなる手で、解けないように固く結ばれた紐をゆるめて脱ぎましたよ。シューズ。

あれだけ尿意があると、すべて完了まで時間がかかります。驚くほどの量でした(笑)。

「これだけ出せば、もう安心!」と二度とトイレに行かなくて済むと思って、再度紐を固く2重結び&しまい込みました。

 

その後は後れを取った男性陣に追いつく勢いで走りました。

が、上の写真の1周目を終えて21km近くまできて(競技場付近)、2周目をスタートするとまもなく22km辺りで尿意。

ようやく日差しが出てきたのに汗もかかず、トイレに行きたい。

力の入らない走り再び。

30km過ぎのエイドにトイレ表示。エイドの後ろには(今度はすぐ建物が見えました)公民館(または集会所)。

チーン。

もう諦めつきました。シューズ脱ぎました。独走していたので、タイムは狙わずトイレ優先。

その後はゴールまでトイレに行かずに(その後1か所、14km過ぎに合ったところと同じもの)走れました。

 

3時間6分52秒。

1周目を終えて中間地点の表示がなかったので、少し走ってから気づいてみたウォッチは1時間35分台。

「これでは3時間10分になっちゃう~」と焦ったので、後半盛り返したと言えます。

今回は11月から始まるフルシーズンに向けての練習で、10月は4連戦。ハーフ、10km、フル、ハーフ。

サブスリー狙っていませんでしたが、3時間3分は切る予定でした。

かなりショックです。

 

急に寒くなったことが要因で2週連続トイレネタ。

今回はネックウォーマー、手袋、カイロ、温かい飲み物、ホットジェルなど持参し、冬仕様にしたのにな。

練習と位置付けた大会だったので笑い話になりましたけど。

 

100勝まで、漫画のようなストーリーを作ってくださって感謝です。

 

さて、いよいよ明日は10月の4連戦目。ハーフマラソン。

これから新潟の実家に帰省します。

 

 

走るソムリエ  堤 佳子