同じ母親だから伝えられること@幼稚園での講演

13日はエコールノワール幼稚園にて保護者向けの講演を行いました。
雨が降る中30名余りものご参加をいただき、園長・副園長も2時間にわたる講演をご静聴いただきました。

タイトルは【子供に食べてもらうために親ができること】

私も同じ母親。娘は高校1年生ですが、幼稚園時代の工夫、小学生・中学生の時の工夫など子育てしながら子供の体調を整える食事を作ってきました。特に発表会、大会、試験などの際は組み合わせや食べ方などを考えて出してきました。
それらを栄養の基本の話から、実践の話まで盛り込んで90分余り。
皆様とても興味があるご様子で、壇上からも必死にメモされる姿にて感動しました。
その後の質疑応答も次から次へと挙手があがり、予定していた2時間有効に使いました。

栄養の情報は誰でも手に入れられます。
それを学んで上で実践でどう生かすかがとても大切なんだと思います。

走るソムリエとして、マラソンで結果を出しながら、食べ方・組み合わせを伝えることを使命として、これこらも日々研究していきたいと思います。

『ぜひ次回も!』のお言葉がとても嬉しかったです。
そして同じ日に、他のサッカークラブでの依頼の電話もいただき、食事で整えることの大切さが益々広がっていったら幸いです。

来年度も幼稚園から高校まで、ご依頼があればどこへでも喜んで伺います。

(写真は13日の娘の朝ごはん)



走るソムリエ   堤   佳子