旬の楽しみ♪生プルーン いつでも食べられるドライプルーン

店頭にはブドウ、モモなどとともにプラム、プルーンも並んでいますね。

果物好きの私にはうれしいシーズンがやってきました。

これから並び始める、梨、柿、そして大好きなリンゴが待ち遠しい季節です♪

 

それらが出てくる前のお楽しみはこちらの生プルーン。

ドライフルーツなら1年中食べられますが、生は今しか食べられません。

見つけるとつい買ってしまいます。

こちらは昨日山形県に遊びに行った際に立ち寄った産直で買ったもの。

大きめで大満足のおいしさでした☆

こちらはおなじみのドライプルーン。アメリカ産です。

 

ドライにすると栄養が凝縮されて、ミネラル、ビタミンが何倍も増えます。水分が飛んで糖質が増えますのでカロリーもアップしますが、食べ過ぎなければOK。足りない栄養素を足す手段として、ドライフルーツは常備しています。

 

3年前くらいの講座でも生のフルーツとドライフルーツの栄養の違いをご紹介しました。

知っていると加算方式に食べる際に役立つので、数値を比較してみましょう。

 

 

 100gあたり         生プルーン      ドライプルーン

エネルギー          49kcal                       235kcal

水分              86.2g                         33.3g

たんぱく質           0.7g                           2.5g

炭水化物           12.6g                         62.4g

(うち糖質量)          10.8g                         42.2g

食物繊維                             1.9g                          7.2g

カリウム            220mg                     480mg

カルシウム                          6mg                         39mg

マグネシウム                     7mg                         40mg

鉄                                        0.2mg                      1.0mg

亜鉛                                  0.1mg         0.5mg

銅                0.06mg                     0.3mg

β-カロテン                          480㎍          1300㎍

ビタミンB1                          0.03mg                     0.07mg

ビタミンB2                          0.03mg                     0.07mg

ナイアシン                          0.5mg                       2.2mg

ビタミンB6                          0.06mg                     0.34mg

葉酸                                   35㎍           3㎍

ビタミンC           4mg            0mg

 

 

生プルーンは1個(写真の大きさ) 120g ドライは小さめ2個で12gでした。

ドライフルーツを2個食べた場合、こちらの数値の1/8となるわけですが、1袋230g入りのものなので、毎日食べ続けて1袋完食すればこの数値の2倍以上をカラダに取り込めるということです。

旬の生だからこそ取れる酵素や水分。生きた栄養。

いつでも手軽にとれるドライの栄養。

 

果物は生食以外にも、肉料理の煮込みやソースにも使えます。

食べきれないときは傷ませてしまう前に、お料理に使うと甘酸っぱいコクが生まれます♪

私はレバーを煮るときに果物(生でもドライでも)を加えることがよくあります。

明日の【毎日塩糀♪】でもお出しする予定です。

ちょっと今日は甘く仕上がってしまったので、明日はどうなっているかな。楽しみです。

 

走るソムリエ 堤 佳子