『受験・テストに活かす食事術』@南吉成中学校

今年も南吉成中学校にて講演を行いました。
昨年の『結果を出すための食事』が好評だったようで、今年もリクエストをいただきました。

今年は『受験・テストに活かす食事術』がメインテーマ。私も中学受験をした娘を持つ母。そして現在は高校1年生になり、定期テスト前には寝ていないのでは⁇と思うほどの娘。体の疲労も脳の疲労もマックスなので、回復しやすいもの、テスト当日にはスイッチ切り替えできるものなどを考えて作りました。
そんな実践面での経験話も多数含めてお話を進め、いただいた時間90分フルに使って、すぐに役立つものを伝えれるだけ伝えました。

同じ母親として、頑張る子どもたちを応援できる一つの手段が食事。
食べ物次第で体調をコントロールできます。
食べ方次第で日々の努力を結びつけれるか否かが変えれると思っています。

一見異なるように見える受験・テストとスポーツ。
でも大切な日に向けての食べ方は、ベースは同じだと思います。
講演が終わり、質疑応答もたくさんの挙手をいただき、みなさんの関心の高さを感じました。
質疑応答で25分も経っていることに驚いたほどです!

帰り際には来年の下のお子様の学校でのご依頼までいただき、感激でした。
またお土産までいただきましてありがとうございます。このような機会を作ってくださった役員の皆様に感謝申し上げます。

たくさんの方に興味を持っていただきたい、結果を出すための食事。
今後もご依頼ある限り、自らも学んで実践して、伝えていきたいと思います。



走るソムリエ  堤  佳子