目からウロコだらけでした!

6日に開催した【カラダが喜ぶ♪Run&Meal】第2回目。女性2名のご参加。お一人は膝の調子が良くなく、走れないとのことでしたので、おしゃべりウォーキングからスタート! 
約20分歩いて、なぜか仙台駅前のロフトへ。
今回の目的は3階にあるミズノショップにて足型測定をすることだったのです。
まずは裸足になって測定器の上に乗ると…このようなデータが得られるのです。
足の大きさ(幅も含めて)だけではなく、体重がどうかかっているのか、自分の中心点バランスどこにあるのかなどなど。
このバランスが走るフォームまで見えてくると私は思っています。4月に行った時も女性のフォーム改善に役立ちました。

その後は自分の足を意識しながら仙台朝市へ。
お買い物ランはできませんが、選び方のアドバイスを。
知っていれば得をする!毎日役立つ!

そしていよいよ走るソムリエラボ(kitchen)にてカラダが喜ぶ♪ランチです。
この日はウォーキングだけだったので、ヘルシーメニューに変えました。
一番人気はこちら!
どう組み合わせようか、おからをボウルに入れてから迷いましたが、突発アイディアであるものとあるものを加えたら…参りました!
これは走るソムリエレシピ殿堂入りですね☆
こちらは走るソムリエ13年近くのお馴染みのラペ。今でこそ日本でもこの言葉が流行ってますね!
メインのような存在感になったのはこちら!
手は加えていませんよ。
シンプルに仕上げただけ。
ソースはいつもの手作り塩糀とあれです。
走るソムリエラボ(kitchen)に来た方はほとんどが黙って食べてしまうのですが…この日は素晴らしい言葉をいただきました。
『カラダが喜ぶ食事は、しっかり噛んで脳で理解して食べるから、自分のカラダの中では脳フル回転で忙しい。だから黙ってしまう。』
なるほどです!
単に味が濃いとか、刺激的な美味しさとかは、舌に乗せた途端反応します。でも口の中だけで、カラダの内部では感激は少ないです。
しかし、走るソムリエラボ(kitchen)での一皿一皿は、カラダに優しい味わいで、しっかり自分乗せた五感で感じながら喜ぶものなんです。
ようやくいつもみなさんが黙ってしまうことを言葉で表現することができました。
カラダもココロも満たされるランチ!
あまりの美味しさに、大皿に余った汁も飲み干すほど。
ブロッコリー&スナップえんどうの木皿に残った極上の塩糀&㊙︎ソースは、玄米をお代わりにして敷き詰め、すべてのソースを吸わせていただきました!

ご参加された方のメッセージを引用します。
今日は、ありがとうございました(o^^o)
またもや目からウロコのお話がいっぱい‼︎
良い刺激を受けて帰ってきました。
南部鉄器も早速使用。子供に、今日のご飯オシャレだねって褒められました!
また是非宜しくお願いいたします。
次回は20日、そして26日も開催です。
詳しくはこちら
走るソムリエラボ(kitchen)リピーターになっている男性のお申し込みもいただいております。
皆様のカラダが喜ぶ♪時間になりますように。



走るソムリエ   堤  佳子