五感で食べる!満足感をプラスする

肥満になってしまう方は、
満腹になるまで食べないと気が済まない。
肉を食べないと食事と言えない。
山盛り、お皿が大きい。

様々な傾向が見られると思うのです。

ただいま減量中の男性を月2回、ラン&食べ方の実践としてプライベートレッスンを行っています。

いかに一人前に近づいてもらうか…毎回ランチをする場所は工夫を凝らして楽しみながら賢く食べれるようにしています。
今回選んだお店は素晴らしいのです。

こちらは前菜。
どのランチメニューを選んでも付いてきます。
小さなおかず…どれも一口サイズ…を段々に重ねて。目の前に運ばれてくると歓声ですよ!
そのプレゼンテーションに。

これが目的でした。
小さな一口をいかに満足して食べるのか。
その前にこちらがあったことを忘れていました。

茶碗蒸しと蕎麦猪口ラーメン。
ラーメンの上には仙台麩。
私の選んだメニューは金魚鉢サラダ!
本当に金魚鉢に入ってきます。

これだけではなく、お刺身盛り合わせ、フライのお皿もあるのです。一番上の写真をご参照ください。
彼は五段重弁当を選択…(苦笑)
やはり量か…。

確かに五段の重箱が‼︎
でも一つ一つの盛りはとても少ないです。
お刺身の重、揚げ物の重、煮物の重、ご飯などの重など。
全部を出して盛り付けたりワンプレートにできそうな感じです。いや、ツープレートですね(汗)
でも学んでもらいたかったのは豪華さではなくて、いかに楽しく食べるのか。
口だけではなくて、盛り付け方・見せ方で満足度が変わること、少ない量でも盛り付け方で変わること、そして五感で味わって食べるとその量でも大満足できること!
ご飯なんて、幼稚園児のような量でしたよ。
そうそう、この日は起伏のある土のコースを走りました。
ロードも含めてトータル13kmぐらい。
彼は塩吹くほど汗をかいていました。

これで夜は軽めにバランスよく食べてくれれば減量に繋がりそうなのですが…さて。

帰りにはお買い物も同行し、お得な野菜、魚、肉、豆腐などを買いました。もちろん数回に分けて食べてくれると信じています。



走るソムリエ   堤   佳子