流行りに流されません いつまでも塩糀

今日、久しぶりに一緒に走った方に「変わりましたね」と言われました。

 

毎年この季節は眼鏡にマスクが必需品。

外に出るのも億劫で、外出から帰ると衣服を玄関外で払いのけ、アウターは必ず脱いで室内で過ごしていました。

ひどいときは家の中でもマスク。

 

ところが昨年の春も今年の春も、花粉が飛んでいることすら感じません。

お風呂に入ると目がかゆくなったり、朝ベランダの掃除をしていると鼻水が止まらなくなることもありますが、その程度です。

 

何が効いたのか断言はできませんが、糀を取り入れる生活をして3年。

腸内環境に変化が出てきてるのではと感じています。

 

花粉症改善もさることながら、肌のうるおい、手荒れ改善なども感じています。

 

何より、他の調味料がいらなくなったことが一番大きいです。

もともと醤油は苦手で塩マニアではありましたが、今では良質のオリーブオイル、アマニオイル、ごま油さえあればあとは塩糀で足りるほどです。

豆乳、すりごま、黒岩のり、良質の酢があればもうアレンジ広がる広がる。

最近は酒粕も加わり、安心の食材だけで食べています。

 

安いお肉も旨みが広がる変身を遂げるのも塩糀のおかげ。

ご飯がおいしいのも塩糀のおかげ。

 

ということで流行が一段落しても、
TVで取り上げられて糀の良さを再確認されても、
私はいつまでも塩糀を絶やすことなく作り続けて、毎日を過ごしています。

 

この良さをたくさんの方に感じてもらいたいので、これからも塩糀の会は細々と続けてまりますね。

4月は22日開催。

今後は平日と週末の2回開催を企画いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

走るソムリエ  堤 佳子