テーマパークでの食べ方

娘と行くディズニーも60回を超えました。
若い頃は(私がティーンネイジャーの頃とか)、ジャンクなものを食べていましたが、今はしっかり食べれるものを選びます。できるだけ素材がそのまま見えるものを選んでいます。

今回のランチは、早めの11:00前。
フルーツサンドが美味しそう!という娘のリクエストにより、こちらで。

私はパンは避けたかったのですが、仕方ないのでサラダ単品と鮭の栄養を取り入れたくベーグルサンドに。
サラダにはローストビーフ、ポーク、チキン、サーモンが乗っていて、たんぱく質補給。
野菜の栄養は抜けきっているでしょうけど、パプリカのビタミンCで昨日の疲れ対策に。

ベーグルも本番アメリカのモッチモチとは程遠いですが、一応他のサンドに比べて腹持ち良いから。
早めのディナーはユカタンで。
こちらも肉狙いです。
ポークソテー。
サラダも単品でオーダー。
スモークチーズ、ハムなどでまたまたたんぱく質強化!
どれも素材そのままのメニュー。
テーマパークではこういうものが少ないので…。
ポップコーンやスナック、デニッシュ系、スイーツばかりだとカラダが疲れます。

最後にチキンレッグもかぶりつき!
とことんたんぱく質を食べていました。

数年前まではパン、アイスなどでお腹満たしたり、セットのデザート楽しんでいましたが、どれもかえってカラダが疲労するばかり。口元の満足なだけで、カラダの中側は悲鳴をあげるだけ。

限られた中でも、栄養を考えて食べると疲労度が違います。

どこでも賢く美味しく♪

この日も5時起き。
23:40発の高速バスまで、食事以外は一切座ることなく過ごしました。


走るソムリエ  堤  佳子