東京マラソン2016

またもや録画予約を忘れた私ですが、そういう時に限ってTVに映るものです。

はい。今回も。

「映っていたよ~」とたくさんの方から教えていただきました。

この写真を撮って送ってくださった方も♪

 

さて、このゴール時のタイムは3時間2分11秒。

またもやサブスリー復活逃す。

仕方ないですね。敗因は分かっています。

①それまで体調良かったのですが、金曜日に風邪引きさんのウィルスを顔面受けること3回。

②土曜日の朝は悪寒で風邪薬といただいた栄養ドリンクを飲んで朝早い新幹線で東京へ。

③ほとんどアップできないままスタートブロックへ。過去東京マラソン参加時は、近くの公園でアップしましたが、今回は入場ゲートまであり、そこから出れない状態。これではアップするにもできません。限られた20m程度を数回走っただけ。

④大型都市マラソン名物の、スタート前40~50分も立ったまま待つしかない。

⑤前にはサブスリーペーサー大集団で、給水も一苦労。マナーが良いランナーばかりではないので、足元ばかりみながら安全を確認しながら走るだけでした。

特に③と④が原因で、スタート後全くペースに乗れず、大阪国際のように初めの1~2kmが辛くて大変でした。

下っているというのに辛くて、ランナー友達にも「このペースついて行けない!」と言いながら走っていました。

それでも5km地点にいます!とか、○○地点の右側に・・・とかたくさんの応援スポットをおしえてくださった知人の前を走っていくことだけを楽しみに進みました。

5kmあたりからサブスリーペーサー大集団が後ろからやってきて、すっかり吸収されました。

でもあまりの人数の多さにこれは危険だと判断して、後ろに着くことに。

沿道のみなさんも「うわ~!凄い集団。これじゃあ探せないよ」という声多数。

私もコーナーの度に足元が怖くて、ストレスがたまる走りでした。

4分13秒ぐらいで進むこのペースに着いていけず離れた時もあったのですが、やはりどこまでいけるか着いてみようと品川を折り返してからもう一度ついてみました。

でもやはり銀座に着くころにはもう無理で、自分のペースに変えました。

 

それから35kmまでフラフラしてくるときもあったり、ハムストが張ったり、折り返してくるトップランナーや服部君、村山君にキャーキャーしてみたり♡その間も、思いがけず(そこにいるとは知らず・・・)たくさんの名前を呼んでくれる応援をいただき、もう無理という心を前へ後押ししてくれました。

本人は本当に辛いフルマラソンだったのですが、どの写真もニコニコなのが???どういうことでしょう。

 

特に35km地点には大応援団がいることを知っていたので、せめてそこまでは行こう、みんなの前だけは元気に走ろうと思って向かいました。

応援のありがたみを感じる42.195km。

おかげで最後まで進むことができました。

気付けばラップも思ったほど撃沈していなくて、まとまっていました。ホッ。

 

5km      21:25

10km     42:37   21:12

15km   1:03:50   21:13 

20km   1:25:08   21:18

25km   1:46:43   21:35

30km   2:08:31   21:48

35km   2:30:28   21:57

40km   2:52:33   22:05

ゴール   3:02:11   9:38

 

ゴール後には初サブスリーをした男性ランナー2人がいて、「あ~一緒にサブスリーすればよかった~」と悔やまれました(苦笑)

でもとてもついていける走りではなかったので、これが精いっぱいの日でした。

 

今年度のサブスリー復活は2週間後の名古屋。

さてできるだろうか?

 

走るソムリエ 堤 佳子