友チョコで気持ち悪くなっても食べたくなる!塩糀レシピ

先日の【毎日塩糀♪ de 男も女も美♡生活】の会では、玄米塩糀(画像右)は個性が強いので白米塩糀(画像左)に軍配が上がったようですが、私はこの個性の強さが好きです♡

ツブツブを残して私は作るので、噛みしめるほどに旨みが〜!
そして本当に止まらなくなってしまう食べ方を見出してしまいました!
これは大変‼︎  食べ過ぎてしまう(汗)
タッパーにたっぷりあったはずなのに、すでに底が見えています・・・。

そして、今も夕食のお肉を焼いておりますが〜

余りの良い香りなので♡

ついブログをスマフォで書きながら焼いてます。

あ…この香りもブログで届けばいいのに♪

友チョコ40人分作って(昨年と同じ数!)、昨日は交換したお菓子たちを持ち帰ってきた娘。

画像は10パック以上食べた後の状態ですよ!
そして昨日の深夜もゴソゴソと作り出した娘…。
いいのだろうか?
友チョコ文化は必要なのだろうか?
3歳ぐらいの頃からかれこれ12年、一緒に作ってきましたが(ほとんど私です)、この友チョコ文化は無くても良いのではと思うのは私だけではないはず…。
今日も帰宅後、部屋でモソモソ。かなり食べていた様子。
そして『夕飯何?』と。
『お肉。この間、家でランチ会した時と同じ焼き方』と答えたら、『お菓子で気持ち悪いけど、あのお肉なら食べたい!』と。
ということで、塩糀につけたスペアリブを焼いているわけです。
それだけ塩糀はすごいのです!
お肉が柔らかく、旨みも増して、大満足の一品になるのです!
昨日はヒレ肉を漬けておいて、丸ごと焼く予定が、あまりに柔らかく包丁入れるのが楽しくなって、全部切ってしまいました。
仕方なくカット肉として焼きました。
でも柔らかくてこちらも美味☆
味付け何もせず、漬け込んだ塩糀だけ。

この照り!(画像ではイマイチ伝わりませんが、いい感じなんですよ~。)

味付け何もしていません。
タマネギもそのまま。
肉の旨みと塩糀の働きのお裾分けをタマネギさんに絡めただけ!
塩糀歴3年。
もう止まりません。
毎日毎食、何かしら使っています。
【続き】娘は初めは「一番小さいのでいいよ!」と食べだしたら、
「もう1つ!」と止まらず…。恐るべし塩糀の働き!

そして南部鉄器で焼くと、こんなに脂が落ちます。

糀の働き
たんぱく質を分解して肉質を柔らかくするだけでなく、脂質も分解!
ありがとう☆

次回【毎日塩糀♪ de 男も女も美♡生活】は3月16日開催です。


走るソムリエ  堤  佳子