東京マラソンに賭けているランナー!今こそチャンス!

いよいよ東京マラソンまで2週間となります。

東京のコースは比較的フラットですし(初めの5kmの下りは快調に走れる部分ですよね♪)、エイドは充実しているのでエネルギー不足の心配もないですし、何よりどこまでも続く応援。そしてトップランナーではない限り、どのペースでも一緒に走っているランナーがいる!孤独な単独走になることがないところも、みなさんにとって自己ベスト更新をする大きなチャンスの大会です。

またアールビーズさんが毎年行っている「全日本マラソンランキング」の集計も3月末の大会までです。自分の順位が気になる人にとって、東京で結果を残すチャンスですよね!

自己ベストとはいかなくても、初めてのフルマラソンにチャレンジする方、楽しく走り切りたい方、関門を突破したい方などもそれぞれ日頃から運動を取り入れて準備をしていることと思います。

 

さて、日々のランニング・練習は怠らずとしても、食事がおろそかな方は多いと思います。

実はこの日々の食事こそ、しっかり走り切るための大切な土台となるのです。

私がこれまで優勝78回、フルマラソンもサブスリー、故障明けや痛み抱えていても3時間2~3分台でまとめられるのは食事で不安なくスタートに立っていること、食事で整えるからこそレース中は走ることを楽しめることだと思っています。

どんなに身体を鍛えていても、食事が疎かだと当日にその鍛えた力を発揮することができなくなります。

食べ方次第でで台無しにしてしまうリスクがあるのです。

そこで、第10回東京マラソンスペシャルとして、残り2週間の食事アドバイスを特別に承ります。

「あと2週間?」ですが、この2週間の食事改善で十分変えることが可能です!

 

今まで元実業団選手、全中まで行った女子高校生、そして男性トライアスリート(自炊)の食事アドバイスを3か月~8か月行ってきましたが、みなさん初めの1週間~1か月で劇的に変わります。

食事に対する意識も変わり、選ぶ目も持てるようになります。

ですから「あと2週間こそチャンス!」なのです。

画像はトライアスリートのOさん。わずか1週間で食事内容に驚く変化がありました。

出場するトライアスロンの大会では、体調の不安もなく、そしてエネルギー不足の不安もなくレースを楽しむことができたそうです。

 

東京で自己ベストを目指す方!楽しく走り切りたい方!

最後のチャンスに食事で整えてみませんか?

詳細はこちらをご覧ください。

 

画像は約半年間、週1回のペースで食事アドバイスをさせていただいたマギー塾の塾生のみなさん。

応援に駆け付けてくださった第6回横浜国際女子マラソン(2014年11月)では自己ベスト20秒ほど更新の2時間58分13秒でした。

みなさんの前で食事で整えることの大切さを実証いたしました。

 

さあ、次はあなたの番ですよ♪

 

走るソムリエ 堤 佳子