必要なお弁当サイズ

6日のスーパーフードで美ランチ♡を終えて、すぐに女子高校生に会いに行きました。

1月から食事アドバイスをしています。

お弁当箱を新しく買いたいとのことだったので、一緒に選ぶ約束をしていたのです。

 

今までは保温機能のあるもので、ご飯容量250ml、おかず容量300mlを使用していました。

 

 

食事アドバイスを始める前にヒアリングした時は、寮生活&体育会系のお弁当が出る生活でしたが、なんと1日のごはんの量が0.5合ぐらい。ほんの数口しか食べていないようでした。それはごはんは太る!食べてはいけない!と思っていたのです。

でも「なぜごはんを食べることが大切か、どういう食事が身体を作るのか、そして練習に集中できて、結果が出るのか」を伝えて、食事改善をしてもらっています。

 

今では1日に1.5合を超え、おかずの種類も量も多くなり、余計なものを食べなくて済むようになりました。

それでも体重はほぼ変わらずです。

陸上部の女子学生は「太ったら走れない」「ごはんは太るから食べない」という傾向があるそうです。

食べないから生理もこない。そういう子がたくさんなのです。

 

でもそういう子たちに限って、スポーツドリンクやプロテインなどをたくさん取っているのですよね。

生きた栄養ではない、添加物が含まれた糖質を取っている。

そして食事を制限し過ぎているから貧血になり、身体に入ってこない糖質をキャンディー1袋一気なめとか、チョコのファミリーパックを食べていたりと、全く栄養素がない無駄な糖質&脂質のものを取って(身体の中からの悲鳴で)エネルギーを確保しようとしているのです。または栄養バランスが入っているように見えるバーとかを食べて満足しているのです。

その間違いを彼女は理解し、今ではしっかり食べるようになったので、一緒にお弁当箱を選びにいくと、私が予想していたサイズを希望しませんでした。

 

私はてっきりOLさんが使いそうな小さなお弁当箱を選ぶのだと思っていたのです。

彼女は「それでは全然足りません」と。

嬉しい瞬間でした。

陸上部でも痩せていて貧血の子はそういうお弁当だと言っていました。でも彼女はしっかり食べたいと。

私も中学3年生の娘がおり、彼女のお弁当を作り続けて3年。主人のものを含めれば10年以上です。

毎日作る人の目線から、そして彼女の体調やその日のスケジュールに合わせて臨機応変にごはんとおかずの量を調節できるようなお弁当箱を提案しました。

 

あらためてお弁当箱売り場をみて感じたこと。

私のお昼の量はとても入りきません。男性並みの大きさでもおかずが入りきらないです。

 

さて、ここでこれを読んでくださっているみなさんにお弁当箱の必要量をお伝えします。

私もこばたてるみさんの講演で学びました。そしてこの数値に頷きました。

 

1日の必要な摂取カロリーをまず知らなくてはなりません。

男性30~49歳   ①ほとんど座りっぱなしの1日の方    2,300kcal  

                              ②通勤・買い物など歩いたりする方    2,650kcal

                              ③運動を行うor仕事でも移動が多い方 3,050kcal

男性50~69歳   ①2,100kcal  ②2,450kcal ③2,800kcal

女性30~49歳   ①1,750kcal  ②2,000kcal  ③2,300kcal

女性50~69歳   ①1,650kcal  ②1,900kcal  ③2,200kcal

 

この数値を1日3回の食事として、3で割ります。

(例)私の場合   2,300÷3=766.66kcal→ これが必要な容量。つまり760mlのお弁当箱が適量というわけです。

 

ぜひご参考にしてください。

お昼は午後の活力が必要です。

しっかり食事で栄養をとって、余計なお菓子を削除しましょう。

 

ちなみに一番上の写真の私のお弁当箱のサイズは

横22cm、縦18cm 深さ7cmです。

アメリカで買いましたが、いわゆるサラダボックスとかパスタなどが入れられる大きさです。

ですから野菜たっぷりいれて行けるのです♪

蓋にはサラダ用にオイルやハーブ、塩などを入れて置けるケース付きです。

 

走るソムリエ 堤 佳子