キヌア

キヌアはアンデス地方の穀物です。

玄米の約2倍のタンパク質、約10倍の鉄分、カルシウムを含み、これだけでも私には最高の食材といえます♪

穀類としては比較的低カロリー。

茹でたりお米と一緒に炊いたりするとわかりますが、あのひげのようなものが出てきて食物繊維が豊富なことを感じます。

 

実はグルテンフリーで、小麦粉の代用としても使われるそうです。

こちらは上の画像の、黒・白・赤のキヌアを茹でて、野菜類とチキンのソテーにたっぷりかけて食べました。

 

プチプチ感がたまりませんよね。

 

先日のスーパーフードで美ランチ♡ではタルティーヌにトッピングしましたが、こぼれ落ちるキヌアがもったいない!とみなさん1粒1粒大切にお召し上がりいただきました(笑)

茹でている時の状態。

アメリカで買ったキヌアの袋には、水で茹でるだけではなくて、スープストックで茹でて(キヌア1カップに対してストック1と1/2)、水分が無くなるまで15分弱煮込むという方法もあるようです。そうすると味の染み込んだものができあがりそうですね。

 

 

ただ面倒な時はご飯と一緒に炊いてしまいます。

こちらは玄米にキヌア、レンティル豆を一緒に炊きました。

栄養満点のご飯!

これに美味しい塩をかけて食べると、あっという間に3合がなくなってしまうのです・・・。

慌てて家族用のごはんを炊き直しということがよく起こります。

 

キヌアは細かいのでそのまま茹でた場合は水切りに注意です。私はザルに引っかかるキヌアがもったいないので、コーヒーのフィルターで水切りしています。ご参考までに。

 

 

走るソムリエ 堤 佳子