私の走法取り戻せるか⁈

今日は久しぶりに仙台のとても和やかなランニングクラブさんの練習会に顔を出してきました。
月2回開催なのですが、私は年に数回しか参加できていません。
今日は台湾のお土産をお配りしたかったのと、『今年もよろしくお願いいたします』のご挨拶がしたかったのと、そして何より今の自分がどんな走りができるのか現状把握のためでした。
みなさんが揃う前にジョグをしていたキャプテンとそのキャプテンを崇拝する後輩さん。
2人に合流して身体を温めようと100m走ると、
『重いね〜』とキャプテン。
重いんですよ、走りが。故障明け重くて辛いんです。
『腰落ちてるもん』と。

はぁ〜やはり見抜く人はすぐにわかるのですね!
この走りでは痛めていた場所もすぐにバレ、このままではまた痛めてしまう…。

『LSDをしたらいいよ』とのこと。

今日は皆さんと一緒に走るつもりでしたが、別メニューに変更。
でもせっかく1kmの周回コースに来たので、ペースを刻む20kmにしました。

今の状態では4分30秒も辛いかな…と覚悟していましたが、徐々に体も動くようになり、4分20〜25秒を刻みました。

終了後キャプテンに
『左足が伸びてた』と。
今まで左足の着地に痛みがあり、置くだけがやっとでしたから、その後遺症なのでしょうか?まだ右足のように走れません。

私はピッチ走法。
月末の大阪国際女子マラソンまでに、自分らしい走りが復活できるか⁉︎

今は重くて苦しいですが、何とか復活したいです。


走るソムリエ  堤  佳子