畑ラン第17回 食卓がワンランクUPする☆

畑ラン17回のテーマは【カーボロネロ、スイスチャード、仙台伝統芭蕉菜】そしておまけに【赤軸ホウレンソウ】も袋詰めしました☆


写真は太陽の光がビニール袋に反射して色鮮やかさがわかりづらいですが、今日も元気になれる野菜を盛りだくさん☆そして詰め放題(カーボロネロを除く)でパンパンに詰めてまいりました。


まずはランの部からご参加のみなさんは畑まで2kmのユルユルラン。今日は秘密の橋も探検しました。

まさかこの上を走れるとは思っていませんでしたので、嬉しい発見でした☆

相原さんの畑に到着すると、まずはカーボロネロから。

こちらはレストランへの供給があり、今回は枚数限定の収穫。

おいしそうなものを選んでハサミをチョキっ!


小学生の男の子も夢中です。

カーボロネロはイタリアトスカーナ地方原産のケールの一種。

ケールの仲間なので、栄養価は驚くほど。この栄養を身体に取りこめるなんて♪

続いては仙台伝統野菜の芭蕉菜を。


相原さんの畑ではもうどこを収穫してよいのかというくらい溢れるように育っていました。

ポキポキと折れやすいので、注意を払って根元からハサミでチョキっ。

とても大きいものなので、与えられた袋に何株入るのか・・・。

そこは駆け引き。大きな株だと2つぐらいになってしまうので大小織り交ぜて、詰め放題根性で収穫します。

昨年もみんなで頑張ったな~。今年も袋パンパンに収穫しました。

3種類目は「今日はこちらをどうぞ~」とおまけに収穫させていただいた赤軸ホウレンソウ。

これからますます寒くなれば色味も増して甘く美味しくなるそうです。


濃い緑の葉に赤い軸。何だかクリスマス気分ですね☆

サラダで食べられるので、こちらにタマネギのスライスなどを乗せれば彩もよくなりタマネギの辛味がアクセントになって美味しいのでは。オリーブオイル、塩、胡椒、チーズなどでいただきたいですね。

最後は凄いパワーのスイスチャード。和名はフダンソウ。不断草。

その名の通り、途絶えることなく次々と葉がなるのです。

今日も赤、黄色、オレンジ、ピンク、白などカラフルになっているスイスチャードを好みの色を選んで袋詰め。


若い葉はこのままサラダでいただけます。

これからのパーティーシーズンには簡単メニューができあがりますね。

こちらはホウレンソウと同じアカザ科。栄養もホウレンソウよりすごく、βカロテン、ビタミンE、ビタミンK、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、ビタミンB群、葉酸など頼りになります。

収穫の後は野菜のお勉強タイム!

選び方、調理の方法、栄養素など。


その後は仙台芭蕉菜の試食。

こちらは漬菜としてよく使われますが、葉も茎も癖がないので生食でもいただけるのです。

そこで採れたてを生で。

私が持参したレモンペッパー(塩、黒胡椒、レモン、ガーリック、オニオンなど)のミルを付けてもいただきました。大きな葉をいかして浅漬けのあとにおにぎりを包んでも美味しそうです。


今回も家に持ち帰って袋から出してみると、大大大収穫でした。

しばらくは葉物充実して過ごせます。


明日は南部鉄器焼き焼きグリルCooking!会。

今日の野菜も登場する予定です。


年内にラストの畑ランを開催できるかもしれません。

ぜひ親子で、お友達お誘いあわせの上、ご参加くださいね。


畑は元気の源ですよ~☆

食育の最高の場ですよ~☆


ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。


走るソムリエ  堤 佳子