ココナッツオイル

先日、とあるスーパー(食材にこだわっている)で見かけたPOP。

「もうブームは去りましたから、大幅値下げ」と。

ココナッツオイル ¥398 


思わず2個買いました。自宅に大きな瓶のストックが1個あるけれど。


今までは¥800近くしていた品です。


ブームって・・・。

食材にブームって。と思ってしまう私です。


良いものは永遠に良いものなのではないでしょうか。

ブームだから買う!でも1回でいいや!・・・ではその効果は得られませんよね。


食べ物の効果は長年続けるからこそカラダで変化を感じるもの。薬やサプリとは異なるはずです。


ココナッツオイルは

①中鎖脂肪酸が肝臓でケトン体に分解され、ブドウ糖に変わって脳のエネルギーになる

②ケトン体は抗酸化作用があり老化予防に期待がもて、抗がん作用、抗アルツハイマー作用も期待が持てる

③ラウリン酸がウィルスや細菌などに勝つための免疫力を強化する

(以上クロワッサン特別編集 ココナッツオイルバイブル2より)


と期待が持てる効果がたくさんありますね。

それらは毎日適量を摂り続けてこその効果だと思うのです。

ブームで良いのか・・・。


私がココナッツオイルを使う理由は、何より香りと風味。

ココナッツオイルで炒めると塩分を少なくできると思っているからです。

上の写真のわたしのお弁当。

走るソムリエFarmの野菜とまぐろのほほ肉をココナッツオイルでソテーしました。

それだけ。農作業中のお弁当なので、岩塩を別に用意してカラダが塩分を欲したらプラスする予定でした。

でもココナッツオイルで十分♪

卵料理はいつのココナッツオイルを使っています。

キノコのソテーも合うな~といつも使っています。


糀のブログにも書きましたが、きっと私はこれからもずっと使い続けると思います。

カラダに合っているものはブームではないから。


また買いだめしに行こうっと(笑)


走るソムリエ 堤 佳子