やまがた地鶏‼︎

昨日はやまがた地鶏のもも肉をソテーしました。

冷凍しておいた大きさは10cm四方程度で、厚みは1cmあるかないか。

それが!南部鉄器焼き焼きグリルで焼いて行くと、プックリの厚み!

以前もやまがた地鶏のむね肉を焼いた時に驚きましたが、切った状態の数倍の厚みを出すのです。

凄いです☆

この写真では伝わらないかもしれませんが、厚み4~5cmありました。

2枚目の写真はむね肉を焼いた時のもの。プックリわかりますか?

あまりに美味しいエキス(脂肪分)が出てくるので、カブを輪切りにして一緒にソテー。そのエキスに絡めるように焼きました。

南部鉄器の凄さはこの時に発揮します!

カブの表面はカリッと。中はジューシーで、噛むとジュワ~ととろけます。


そしてやまがた地鶏!

むね肉、ささみ(3枚目の写真)と食べて今日はもも肉。

どれも半端ないプリンプリンの食感!!今まで食べていた鶏肉はなんだったのか??と悲しくなるほどです。

旨みというのはこういうこと!と本当の地鶏の凄さを感じます。

もう他が食べられないほど。

月に1回でもいいから、やまがた地鶏が食べられればシアワセです♡


あの弾力、噛むほど味わえる旨み、肉質。

肉の味が素晴らしいので味付け不要です。

今までは岩塩に粗びき黒こしょうをしてきましたが、今日はほとんどなしで。少~しの岩塩を散らしただけ。

美味しい食材は味付け不要ということをまた証明できました。

こちらは手羽元を豆乳で煮込んだスープ。

これも絶品でした☆

いつもの豆乳スープとは比べ物にならない!

プリンプリンの噛みごたえ抜群の手羽元。

旨みがでるので、翌日も骨をスープにしました。


あと2枚ほどもも肉とぶつ切り部分が冷凍されているので、食べるのが楽しみです♪


やまがた地鶏についてはこちらをご覧ください。

http://yamagata.lin.gr.jp/yzidori/yzidori.html

http://agrin.jp/menu/c/176/

クリスマス、大晦日、お正月にもおすすめです。


走るソムリエ 堤 佳子