父のサツマイモとカブでほっこり

たくさん野菜が届きました。

父親が趣味で作っている野菜。


今年はカブと大根が売れるほどの美しい出来栄えでした。

サツマイモも2種届いたので、鶏手羽元と一緒に照り煮に。

 

手羽元のコラーゲンとネギ、サツマイモ、カブのビタミンC(加熱で減少します)で体を丈夫に。

 

【材料】4人分


・鶏手羽元  400g~500g

・長ネギ(捨ててしまう緑部分) 3本分ぶつ切り

・サツマイモ 中1個 1cmの輪切り

・カブ 大3個 1/6くし切り


・みりん  1/2カップぐらい

・酒    1/2カップぐらい

・醤油   1/2カップぐらい

・水            3/4カップぐらい

※みりん、酒、しょうゆ、水は鍋底面積によって調節してください。甘みが欲しい場合はみりんを多め。しょっぱい方がお好みの方は醤油多め。


【作り方】

①厚手の鍋を十分熱し、鶏肉を皮目を下にして入れてこんがり色がつくまで焼く。(ルクルーゼを使ったので油は引きませんでした。鍋によって油を引いてください。)

②裏返して焼きながらネギ、サツマイモ、カブを加えて、鶏肉から出る油を絡めながら焼く。

③全体に火が回ったら、酒、みりんを加えてなじませ、水、醤油も加える。ひたひたになる程度で調味料と水を調整する。(写真)

④おいしそうな色目がつくまでじっくり煮込む。最後は煮汁が少量になって絡むまで。

 

手羽元から流れ出たコラーゲンで翌日は煮汁がプルプルのゼリー状に♪

冷めてもしっかり味が染み込んで美味しいです。

カブはトロトロ。
サツマイモも旨みが出ていますよ。
もったいないネギの緑部分はカロテン豊富。油と一緒に吸収UPです。

    


走るソムリエ 堤 佳子