応援

昨日は全日本女子大学駅伝の応援に行ってきました。


石巻専修大学の主将として、全員1年生のチームとして参加する原田さんを応援するのが一番の目的です。

寒くて風の強い仙台でしたが、学生たちの走る姿に熱くなる時間でした。

防寒具をザックに詰め込んでジョギングで身体を温めていきましたが、すぐに冷えました。本当に寒かった。


そんな寒い中でも街にはたくさんの方々が沿道で待っているのですね。

とても嬉しいことですよね♪ 


マラソン大会で応援してくれる方々にいつも思うこと。

寒い中、熱い中、雨の中「ありがとう」

そして「応援も頑張って」

先頭から最後のランナーまでずっと応援するために「頑張って」と、おばあちゃんたちや大きな声をあげてくれる子供たちに返しています。

そんなことを思い出した時間でもありました。

 

昨日は3区と5区の1km地点、そしてそこから走って5区の終盤7kmあたりの上り坂で激励を飛ばしました。

どうしてもその上り坂まで応援したかったので、着いてきてくれた革靴の男の子と仙台街中の歩道を走る!走る!

ビジネスマン風と派手なウエアの私。選手よりも目立ってしまったかもしれません(笑)

 

でもあの上り坂を歩道で並走しながら応援。大きな声を上げながら、何だか原田さんが自分の娘のような気持ちで、目頭も熱くなりました。

力を出し尽くしました。あれだけ応援できれば私も悔いない。

 

昨日の原田さんからのライン。

しっかり応援は届いていたようでした。

でも他が識別できないほど、彼女は集中していたようです。

あっぱれ!その集中力!
何度も中継所付近で会っていたのに、一度も声を掛けずにいたのは彼女の集中する姿を知っていたから。

いつも彼女のレース前の集中力には感心しています。

 

もう心は次へ向かっていると思います。

これからも彼女を応援していきたいと思います。

さて1枚目の写真は東京国際女子マラソンのもの。

娘の応援してくれている姿。私が通過した後の表情です。

いつも応援してくれていたことを思い出しました。

 

隣の写真も彼女の応援を忘れない大切な大会。

沿道で待っていた娘の前を3回通るコースで、「ママ1位!ママ1位!」とラストの上り坂を夢中で追って走ってきてくれたこと。小さな表彰台なのに一緒に窮屈に上ったね。

今では絶対に一緒には上ってくれないだろうけど、今までありがとう。

そして昨日は全日本女子大学駅伝だけでなく、大阪マラソン、猪苗代湖、久米島など、たくさんの仲間が各地を走っていました。みんなそれぞれ自分の目標に向かって、苦しい時間を乗り越えて。自分のゴールをした1日。


便利になったSNSのおかげで、どこにいても応援メッセージが送れるのは嬉しいですね。

久しぶりに自分は休憩の週末で、みんなを応援する時間がたっぷりもてて、心が満たされる1日でした。


さあ、私も今週はやりとげたい課題があります。

頑張ること、応援すること、応援されていることを感じた週末をエネルギーに、課題に取り組もう!