のなこベジタブルパウダー食べ比べ

日頃から野菜をたくさん食べています。

TVの撮影に来たスタッフも

「ホントに野菜盛りだくさんですね!」と驚いていたほど。

 

それでも今のように野菜が高かったり、万遍なく食べれない時や、ここぞという大切な日を迎えようとしている時、または身体が疲労困憊なのではという時に・・・

 

とても頼りになる食材と出会うことができました。

 

のなこベジタブルパウダー

 

このパウダーを今後は様々なレシピに取り入れたり、ヌードルメーカーを使って『走るソムリエ特製麺』を作ったりする予定ですが、まずは毎日睡眠数時間の娘のために、そして明後日に控えた大会のためにも、以前から試している『華糀』と合わせることにしました。

左上は『赤紫蘇』

こちらは先週の大会でも使いました。

赤紫蘇のアントシアニン、βカロテン、ビタミンA、ロズマリン酸などが豊富。

右上は『赤ピーマン』

ビタミンC、βカロテンとともに、カプサンチンも豊富。

左下は『ケール』

野菜の中では抜群のバランスで栄養素を含むもの。

ルテインも豊富。

アメリカではケールチップスも出ているほど、その栄養に注目があります。

右下は『紫ニンジン』

アントシアニンが豊富でブルーベリーの約4倍(のなこパウダー調べ)も含んでいます。

クロロゲン酸も豊富で、なんと脂肪の蓄積を抑える働きもあるとか。

私は毎日豆乳を飲むのでそれに溶かしていますが、溶けにくいものもあるので、このように『華糀』と混ぜてみると溶けやすいようです。

 

この方が特にケールは、味がマイルドになって娘にも喜んでもらえます。

 

なんといってもこの『のなこパウダー』は野菜の生産の段階から徹底的にこだわっているもの。

そして無添加。

さらに強力なのが水素加工処理。

 

水素といえば最近水素水が注目されていますよね。

水素の活性酸素除去能力が優れているということですが、このパウダーを加工するプロセスでは水素技術によって➀野菜の色②栄養価③おいしさ などが失われずに、そして野菜の還元力もUPするとのことです。

 

さあ、この無敵パウダーで私も益々元気になりたいと思います。