紫インゲン

夏はインゲンもおいしい季節です。

緑のものだけではなく、紫や黄色もあるのです。

紫のインゲンはその色からアントシアニン効果も期待できますが、茹でると緑になってしまいます。色を残したい場合は短時間で火を通してくださいね。

 

とはいえあっという間に緑になってしまいます。

沸騰した鍋に入れた途端。

今日は緑になってしまった下茹でインゲンに、卵を卵黄と卵白に分けてそれぞれ炒り卵にしたものをかけて、オリーブオイルと岩塩・粗びき黒胡椒で仕上げました。

 

インゲンはβカロテンや食物繊維、カリウムなどが豊富ですが、夏の疲労回復に効果が期待できるアスパラギン酸も含まれています。