小学生時代の娘の朝食

【以前のレシピページからの移行記事です】

中学生の陸上部の食事講座にて、お母様方からの質問。

「何をどれだけ、どんな風に食べさせたらよいのか・・・」
そこで、中学1年生の娘に出している朝食をアップします。(2013年冬)

 

学校でお腹が空かないように、ご飯がほとんどです。
寒い季節は前日多めに作った汁物で身体を温めるとともにお野菜を補給。

そして朝食のメインは果物!
今が旬のりんごと柿。

おかずはお弁当を作った時に余ったものを出しています。
この日は大好物のチーズ巻き、ウインナー、スクランブルエッグと小松菜。
試験勉強続きで肌荒れがひどいので、野菜ジュースもプラスです。


こちらはまだ小学生だったころの夏の朝ごはん。
やはり果物、野菜を摂るようにしています。

暑い夏は冷凍バナナがお気に入りです。


こちらは小学の低学年だった頃。まだ量が少ないです。
ご飯を食べてもらえるよう混ぜる工夫をしていました。
これはレタスと卵のチャーハンです。
やはり果物は必ず毎日です。
ヨーグルトも常備しています。