ジュニア夏合宿の食事作り&栄養講座

昨年に続き、由希コーチ率いるウィルランズジュニアの夏合宿の夕食作りと栄養講座を行ってきました。

残念ながら今年は日程が合わず、お泊りして子供たちとの朝食作りはできなかったのですが、ご父兄との夕食作り&栄養講座と子供達への食育講座を行いました。


オリエンテーションの後は、早速ご父兄と調理場へ。みなさん手際が良いのを知っていますので、今年は取り掛かる前に本日の食材についての栄養講座。

毎年こちらの合宿ではカレーが定番とのことなので、カレーでも栄養面を考えた走るソムリエアレンジを。

➀具材を夏野菜満載に。

②お肉は豚ひき肉にして、暑さや疲れていても食べやすい工夫を。またビタミンB1強化で疲労回復。

③どの野菜も細かくダイス状に切って、食べやすくする。見分けがつかないようにして好き嫌いを克服する。

④余ったカレーは翌朝スープに変身。(今年はどうなったかな・・・?)

早速お母様方の手際のよい包丁さばきでどの野菜も準備OK。


公民館の調理場にある鍋は熱伝導が悪く、昨年も苦労しましたが、今年は鍋2個でいよいよ加熱開始。

じっくり炒めて煮込んで、野菜からでる水分も上手に活かしてカレーを作ります。

昨年は水分が多くなって大変でしたが、今年はその教訓からお母様方も慣れた様子。

大人数の分を作るのは意外と難しいのですよね。

水分量もピッタリで、おいしそうなカレーが出来上がりました。


今年はどれくらい食べれるかな~?

昨年はたくさん余って、翌朝の豆乳スープもいっぱいになっちゃって、大変だったんです(苦笑)。

お迎えに来ていただくときにタッパー持参で山分けしました。

今年は食べきれるような予感。

こちらは約30人分。

2升5合のごはんも炊き上がりました。

圧巻ですね。この量は。


みんながモリモリ食べてくれますように☆

今年のサイドメニューはこちら。


夏におすすめのモロヘイヤを使ったネバネバサラダです。

モロヘイヤはβカロテンがトップクラス!

βカロテンは体内でビタミンAに変わります。そして豊富なビタミンC、ビタミンEのトリプル抗酸化ビタミンで身体の疲労を回復☆暑い中練習を頑張った子供たちの身体の酸化を守ります。


そしてタンパク質強化にお豆腐。

絹ごしよりも木綿の方が栄養価が高いのでおすすめです。


木綿豆腐に、モロヘイヤ・枝豆・ツルムラサキの酢醤油和えをかけて出来上がり。


お好みでグルグルグチャグチャ混ぜて食べてもらってもよいメニューを考えました。

モロヘイヤとツルムラサキのネバネバは健胃作用もあり、夏の内臓疲れにもグッドです。

夕飯作りが整ったところで、子供たちに食育講座です。


今年はみんなに今日食べたものを書き出してもらい、自分が食べたものがバランス良いのかを考えてもらいました。

色鉛筆を使って栄養の分類わけ。

赤、黄色、緑の三色が揃っている子はバランスよい食事をしてきた証拠。


今日の朝ごはん、昼ごはんはどうだったかな?


揃っていなければ、これから食べる夕食はその色を意識して食べようね!

そして明日朝のサンドイッチは赤、黄色、緑が揃うように具を自分で考えて作りましょう!


さあ楽しみにしていた夕ご飯です。

みんなで協力して配膳。

スポーツをやっている子供たちはこういう時にとても積極的で動きが良いですよね。

素晴らしいなと思います。

ではいただきま~す!

苦手なものも残さず食べる姿。これがみんなで食べることの効果ですよね。


後片付けも全員協力。

夏こそ合宿は子供を育てる最高の場だと思います。


今年はご父兄のみなさんと一緒に私も仙台へ帰ることに。

最後に子供たちからの素敵な花束メッセージをいただきました。

また来年は一緒にお泊りしようね!


みんなが毎日赤、黄色、緑の揃った食事を続けますように☆

そして大会で力が発揮できますように。


ご協力いただきましたお母様方、ありがとうございました。

そしていつも元気に子供たちをまとめている由希コーチ、お疲れ様でした。

来年も一緒に最高の夏合宿を作りましょう!