米ぬか

米ぬかの栄養って凄いんです。


食べないなんてもったいないです!


米ぬかとは玄米を精白米にした時にでるカスです。だったら玄米を食べていればOKと思うかもしれませんが、玄米は消化吸収が悪いのが難点。


でもこの米ぬかならパウダーなので様々な調理に加えることができて消化吸収も良くなります。

私は先日鶏のから揚げを作る際に衣にまぜました。

またスープに混ぜて講座でお出ししました。

他にも卵料理、お菓子、パン作り、カレーなどの汁のある煮込みものなどにも使えます。

香ばしくて風味も増し、栄養が高くなるなんて嬉しいですよね☆


100g あたり       米ぬか     玄米     精白米


エネルギーkcal                   286     351     356

タンパク質g              13.2      7.4      6.8

脂質g           18.3      3      1.3

糖質g           38.3     71.8      75.5

食物繊維g         7.8      1       0.3

カルシウムmg        46                   10                    6

鉄mg                                 6.0                  1.1                   0.5

ビタミンB1mg                    2.5                  0.54                 0.12

ビタミンB2mg                    0.5                  0.06                 0.03

ナイアシンmg                     25                   4.5                   1.4


ビタミンB1(チアミン)は鈴木梅太郎氏によって米ぬかから発見されたといわれるもの。

含有量も多いです。


食物繊維も豊富なので便秘改善やコレステロールの吸収抑制効果があります。


他にも米ぬかには下記のような特出すべきものが含まれています。


抗ガン作用のあるフィチン酸。

脂肪肝や高脂血症、セロトニン以上によるうつ病に効果のあるイノシトール。

紫外線吸収で美白効果や抗酸化作用のあるポリフェノールの一種のフェルラ酸。

γ(ガンマ)オリザノールはコレステロールの吸収抑制や自律神経を整えたり、メラニン生成を抑えたり、肩こり・腰痛・眼精疲労を改善してくれます。

植物ステロールはコレステロールの吸収抑制や免疫細胞のNK細胞を活性化してくれます。


こんなにも頼もしい栄養を含む米ぬか。

食べないわけにはいきませんよね。