スポーツのための食事 第4回

仙台青葉のカルチャーセンターでの講座『結果を変える!スポーツのための食事』も第4回。

19日の夜はイチゴとはるかを食べながら。

今まで様々な方の食事日記を拝見すると意外と果物を食べる量が足りていない方が多いのです。
果物はビタミン・ミネラルの宝庫☆
朝から食べれば糖質チャージができ、目覚めにもなりますし脳にもエネルギーが届きます。
そして頼もしい抗酸化パワー☆
月1本のフルマラソンを走る冬の間は、前泊の際必ずイチゴ1パック、金柑1パックを買います。
トマトは通年です。これらをたっぷり補充して、せめてカラダの中だけは元気な状態で走るようにしてきました。
具体的にそれぞれのカロリー、栄養素を列記して比べてみました。
マラソンというとバナナが代名詞のようになっていますが、私はイチゴ、柑橘類、トマトもオススメだと思います。
夜19時から始まるこの講座は皆さんお仕事帰り。
疲れも溜まっているでしょう。
だからこそその疲れを抜いてもらい、アタマもココロもスッキリして講座を受けていただきたいと思って用意しました。

実はコーラ好きな減量したい受講生に、コーラよりも果物を‼︎という思惑もあったのです。
その後は受講生の食事日記を拝見して、皆さんで良い点、改善点を考える時間。
毎回感じますが、これが一番の教材になります。
良い点は皆さんで真似て、改善点は自分も正す。

今回は夜のジムトレの前後の食事が課題に。
ハードなレッスンをした後は何も食べないのではなく、失ったものを補給しなくては身体が作られません。これでは筋肉の破壊だけで合成ができません。また消費したから痩せるでしょうけど、栄養をバランスよく補充しないともろくて弱い身体になってしまい、怪我・病気のもとです。

せっかくよい運動ができたのなら、食事でフォローが大切ですよね。

皆さんで学んだ時間でした。

次回も楽しみです。