ほほえみの空舟湯つるやさんの夕食

扉を開けるとそこは和室にテーブルスタイルの個室での会食でした。


それだけでもテンション↑


ご用意されている前菜も雛祭り仕立て。

桜の花もあしらわれて、春を満喫。

女2人旅を思いっきり楽しめるそんな食事のスタートとなりました。


今晩は食事を楽しむためワインは飲みません。

前菜に続き、蓋つきの素晴らしい器が出されました。

開けてみると、鱈白子の万頭揚げ~たらの芽黄味衣、青海苔、銀餡~


もっちりで白子の濃厚さもあり、とても美味しかったです。青海苔ソースがまた合いました。

タラの芽も春ですね。

続いてはまたまた素敵な器(蓋つき)。

黄色が美しい器でした。


中にはお刺身なのですが、

鯛、紋甲烏賊、帆立、そしてゆずのモチモチ豆腐


こちらも桜があしらわれて。



そして天童牛のしゃぶしゃぶ。

蕎麦ほうとう、キャベツ、白菜、水菜、セリが添えられています。


なんとタレはノナカ胡麻ダレか、蕎麦ダレをつけて食べるのだそうです。


蕎麦ダレ?と思いましたが、天童牛の霜降りには宿おすすめの蕎麦ダレの方があっさりといただけます。2人ともハマりました。胡麻ダレはお野菜に合うようです。

またまた器に感動!

美しすぎる金の器。


その上にはかすべ唐揚げ、海老フリッター、そして香菜やネギ、グリーンの葉が彩りよく並んでいます。


かすべも美味しかった~。

海老は2人とも苦手ですが、プリプリで母は頑張りました。

写真では伝わりにくいですが、この器と中の大根!

空湯舟風呂吹き大根 柚子味噌

大根は10cmぐらいあります。


上品なお出し。

柚子味噌とよく合います。


手間暇かけた1品ですね。

筍ごはんと山形の芋煮。


お芋がたくさん入っていました。牛肉も美味しかったです。


筍もたくさん。お替り自由ですよと言われましたが、さすがにどちらも1杯ずつでもう満足でした。

山形のお漬物とともに。

娘のサプライズプレートはこちら。

ケーキよりもアイスや果物が好きな娘にピッタリです☆


大きなプレートだったので携帯に収まらず・・・。

イチゴがのったグレープフルーツの皮はそのまま途切れることもなく写真の右から左へと。
黒ゴマ、塩ミルクのアイス、柑橘類やキウイなどが入ったもっちりムース(杏仁風にも感じました)、あしらったカステララスクのようなものや、ブラウニーのラスクのようなもの。テーブルを大きく独占するほどのスペシャルプレートでした。娘も大感激☆
母としても大成功の夜となりました♪
お誕生日おめでとう!

こちらが通常のデザート。

これでも大満足のお味でした。


気付いたら100分以上かけて食べていました。部屋にはTVもある個室会食でしたが、つけずに会話のみ。


こういう時間がもてて本当にシアワセでした。