名古屋ウィメンズマラソン

女性だけのマラソン大会。

私は名古屋国際女子マラソンからこの名古屋を走っています。

国際を2回。3回目の名古屋は震災で中止でした。


忘れもしない2011年。3月13日に開催予定だった大会でした。


3月11日は娘の誕生日。

軽く走ってからお祝いの準備をしよう。そして12日は朝の便で名古屋入りする予定でした。詳しくは過去のブログに。


それからウェイメンズとして生まれ変わったこの大会。名古屋中がピンクやティファニーブルーに染まる1日になりましたね。

今回は走り不足だったので、タイムは狙わず名古屋観光を楽しむ気持ちで走ろうと決めました。


おかげ様で足の痛みはアメリカで消えたようでその心配はなくなりました。でもアメリカで太った分の思いカラダを42.195km運ばなくてはなりません。


朝の選手送迎バスでお隣になった方と本来なら同じペースで走れそうなのですが、今回は自重しなくては!

控室ではうっちーさんに会うことができ、隣に陣取りながらたくさんのお話ができました。そして今年もアップ時間にウィメンズやシティマラソンを走る仲間たちに会いに行ってきました。ラン友の方々。いつも応援をしてくださる吉崎さん、さえみさん、初めて顔が一致した典子さんなど。
たくさんのランナーが道路を埋め尽くしていて(当たり前ですね。ウィメンズだけでも1万8000人?)ビックリでした☆

レースの中身は、10kmまでやや下りなので自重し過ぎずにほどほどに走りました。もしカラダが動いたらサブスリーも狙えるようなタイムで♪

15kmまでは緩い上りと向かい風で、前を行く集団に無理して着かずに自分のペースを貫きました。風よけは欲しかったですが(苦笑)。

20km地点に着く前に一度疲れが・・・やはり走り不足で今日は苦しむかな~と。過ぎ去っていく友達にも「今日はこのまま抑えていきます」と伝えたほど。

ところが中間点を過ぎてからの上りで、彼女も疲れてきたのか「一緒に引っ張り合っていこう!」と声をかけて前に出て、そこから少し我慢ができるようになりました。

とはいえここから名古屋城へはいつも疲労感とともに走る区間。とくに第2折り返しまでは国際時代から苦しんでいるイメージ。過去に比べれば体は楽でしたが、走りこんでいない脚筋力の衰えを感じる時間でした。

その後すれ違うランナーをずっと眺めながら走っていたら、声をかけてくれる知り合いもいて嬉しくなったり、エイドのういろを眺めてウィメンズの楽しさを感じていました。

あっという間に32kmの上り。年々この坂がゆるく感じるのは走力がついたからでしょうか?名古屋国際の頃は辛く感じた坂でした(涙)。
追い越しながら上った勢いで、ここからサブスリー狙おうかなという気持ちに一瞬スイッチオン!

しか~し35kmも過ぎていつもならあと8km!行こう!と思える地点ですが、やはり衰えた脚力では気持ちの切り替えもできず、このままでいいか・・・と弱気でした。ペース落ちてるな~と感じていましたが、特に39km過ぎてからは「ここまで走れたからもう十分」モードで「サブスリー間に合う!」という気持ちは浮かんできませんでした。

ゴールしてみれば3時間00分22秒。


39kmからの意識が違えば23秒は縮めれました。

走り不足では仕方ないですね。

横浜国際以来月間距離が100km台だったので、この名古屋を機にまた走りだしたいと思います。


最後まで楽しいパーティー☆

来年もこれを励みにゴールしたいと思います。